So-net無料ブログ作成
検索選択

レディー・ガガ、スーパーボウル・ハーフタイムショーの動画

lady-gaga-super-bowl-2017-halftime-show-review-27dc7f472168ff08.jpg

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)は日曜日(2月5日)、第51回スーパーボウルのハーフタイムで行なわれたレディー・ガガのパフォーマンス映像をフルでYouTubeにて公開した。

トニー・ベネット(映像)により紹介されたガガは、スタジアムの屋上での「God Bless America」熱唱からショウをスタート。その後、地上に飛び降り、きらびやかなイルミネーションの中、バックダンサーを従え、「Poker Face」「Born This Way」「Telephone」などのヒット曲をノンストップでパフォーマンスした。

最後はマイクを投げ捨て、ボールと共にステージから飛び降り、ショウの幕を閉じた。



セットリストは以下のとおり。

God Bless America
This Land is Your Land
Poker Face
Born This Way
Telephone
Just Dance
Million Reasons
Bad Romance

試合前には、カントリー・シンガーのルーク・ブライアンが、ややカントリー調のアレンジで国歌を斉唱した。

Ako Suzuki

以上、BARKSより引用

BARKS


いや~凄まじい試合でした!
スーパーボウル史上に残る大逆転劇を演じたQB(クォーターバック)、トム・ブレイディ率いるニューイングランド・ペイトリオッツに脱帽です。
確実に伝説となる試合を観てしまいました!(まあ、TV録画したものを観ただけですが・・・笑)

51回目を迎えるスーパーボウルに進出したのは、AFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)のニューイングランド・ペイトリオッツとNFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)のアトランタ・ファルコンズでした。

個人的に応援していたAFCのピッツバーグ・スティーラーズとNFCのグリーンベイ・パッカーズをカンファレンス・チャンピオンシップにて両チームが大差で打ち負かした時点で、私の今シーズンは終わっていたのですが・・・(笑)

それでも、スーパーボウルではアトランタ・ファルコンズを応援するつもりでいました。

試合開始直後の第1Q(クォーター)は両チームともに無得点で、攻撃的なオフェンスを誇るチーム同士にしては意外な幕開けでした。

しかし、第2Qになるとファルコンズが何時も通りのオフェンスを展開し、一気に3タッチダウンを計上!

第3Qには、最大25点差が付きファルコンズに楽勝ムードが漂います。
今回もスーパーボウルに有りがちな大味な試合かと思いました・・・が、相手は天才QB、トム・ブレイディと知将、ビル・ベリチック率いるペイトリオッツである事を忘れていました。

第4Qには、遂にペイトリオッツの反撃の狼煙が上がるのでした。中でも試合の分岐点ともなったWR(ワイドレシーバー)、ジュリアン・エデルマンのスーパーキャッチには呆れました(笑)これ、第42回スーパーボウルでデビッド・タイリーが行った「ヘルメット・キャッチ」ならぬ「足首キャッチ」と呼ばれるのかな?



この後、怒涛の攻撃で同点、延長、ペイトリオッツの勝利となるのですが、エデルマンの「足首キャッチ」のあたりから、これまで長くアンチ・ペイトリオッツだった私の中で何か違う感情が生まれ始めていました。いつの間にかブレイディに伝説を作って欲しいと望んでいたのです!そしてそれを成し遂げたブレイディとペイトリオッツの選手達に今では敬意の気持ちを抱くのでした・・・

ちなみにトム・ブレイディの奥様はスーパーモデルのジゼル・ブンチェンです。スーパー繋がりと言う事で・・・(笑)

最後にレディー・ガガのパフォーマンスについて・・・
既に大御所の雰囲気を持っていましたね!
この所、スーパーボウルではサポートアクトを付けるミュージシャンが多かったのですが、ガガさんは単独でのパフォーマンス!
圧巻のステージでした。
ネットでの反応もすこぶる良いようです。

nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 16

コメント 6

don

こんにちは~
ベビーメタルが前座で出るかと思ったのですが^^
残念。

「ジゼル・ブンチェン」
ググりました。キレイな女性ですね。
ぼくの好きな、ロリ顔ではないですが。

by don (2017-02-07 12:27) 

Speakeasy

donさん、こんばんは。

私もBABYMETALがサポートで出る事を期待していたのですが、先月の中頃にガガさんが単独でパフォーマンスするとの発表があったんです!
ガッカリしましたが・・・(涙)

トム・ブレイディはハンサムなのですが、昔は服装がダメダメだったそうです。しかし、ジぜルがトムのファッション・センスを磨き上げた結果、いけてる男に大変身?したと言う話しを前に聞いた覚えがあります。もしかすると別の人と勘違いしてるかも・・・(汗)

美人顔もロリ顔もどっちも好きですが・・・何か?(笑)

by Speakeasy (2017-02-07 21:58) 

raccoon

昨晩のニュースで、取り上げられていたので、見ました。
Born this way なんて、メッセージ性もあり、トランプ政権に対して、してやったり。という感じだったでしょう。

わずか13分ですが、ガガさん凄くエネルギッシュで魅力たっぷりでしたね。

by raccoon (2017-02-08 00:13) 

Speakeasy

raccoonさん、こんばんは。

政治とスポーツの分離を掲げるNFLの方針で、ハーフタイムショーでは政治的なメッセージは無しとされているのですが、反トランプのガガさんは多様性を認めようというメッセージが込められている「Born This Way」等、楽曲の持つパワーで自身の主張を発信した形ですね。
いろんな意味で、ハーフタイムショー史に残るパフォーマンスだったかもしれません。

by Speakeasy (2017-02-08 21:18) 

DEBDYLAN

圧巻ですね!!
「THIS LAND IS YOUR LAND」歌ったの良かったなぁ。
コッチこそアメリカの”第2の”国家だと思ってるんで。

それよか劇的だったゲームを観たいっす!! ^^;

by DEBDYLAN (2017-02-09 22:02) 

Speakeasy

DEBDYLANさん、こんばんは。

「This Land Is Your Land」はトランプ大統領の悪名高き入国禁止令の反対デモで歌われたそうですね!

いや~本当に凄い展開の試合でした。
何処かで観て欲しいな~~

by Speakeasy (2017-02-09 22:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0