So-net無料ブログ作成
検索選択

デヴィッド・ボウイ、『A New Career In A New Town (1977-1982)』

73804.jpg

デヴィッド・ボウイの新たなボックスセット『A New Career In A New Town (1977 - 1982)』が海外で9月29日発売。日本盤CDは10月にリリース予定。

Five Years (1969-1973)』『Who Can I Be Now? (1974-1976) 』に続くアンソロジー・ボックスセット・シリーズの第3弾。今回は「ベルリン三部作」を含む1977年から1982年の間にリリースされた作品を収録。CDは11枚組、アナログレコードは13枚組。

アルバムのリマスター盤に加えて、トニー・ヴィスコンティが新たにミックスをした『Lodger (Tony Visconti 2017 Mix)』、「Heroes」のドイツ語&フランス語ヴァージョンを収録した新たなEP『Heroes』、アルバム未収録のシングル曲やBサイド等を収めたコンピレーション・アルバム『Re:Call 3』も収録。またライヴ・アルバム『Stage』は1978年のオリジナル盤と、曲順を実際のセットリストに戻しボーナストラックを追加した2017年エディションの2ヴァージョンが収録されます。

Lodger (Tony Visconti 2017 Mix)』はボウイから生前に賛同を得て制作されたもので、トニー・ヴィスコンティがヒューマン・スタジオでオリジナル・マルチトラックと再び向き合い、最新テクノロジーを駆使して、オリジナル・アルバムとの絶妙なニュアンスにより迫るリミックスを行ったものとなっています。またアートワークも新たにリミックスされており、フォトグラファーのブライアン・ダフィーの遺したアーカイヴからオリジナル・ジャケットの未公開フォト・セッションの写真を使って、ダフィーの息子のクリスが手掛けたものとなっているとのこと。

CD、レコードともに、アントン・コービンヘルムート・ニュートンら写真家が撮影したレアおよび未公開の写真も掲載されたブック(CDボックスに128ページ、レコード・セットに84ページ)も同梱されます。

Re:Call 3』に収録される「Beauty And The Beast (Extended Version)」が聴けます。



81VvmKB4NBL._SL1500_.jpg

ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン 1977-1982(完全生産限定盤)

ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン 1977-1982(完全生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/10/18
  • メディア: CD

A New Career in a New Town

A New Career in a New Town

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino / Parlophone
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: CD


81cIPx+f44L._SL1500_.jpg

A New Career in a New Town [12 inch Analog]

A New Career in a New Town [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino / Parlophone
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: LP Record


以上、amassより引用

amass


いや~ブログの更新をサボっていた為に、記事にする機会を逸してしまいました。
しかも、前作『Who Can I Be Now? (1974-1976) 』は記事にしておきながら、未だ購入していないという有様!
だって、お金無いんだもの!!!
今度買います・・・多分(笑)

ハイ、気を取り直して音楽でも聴いてみましょう。
今回もコレクションのタイトル曲で・・・「A New Career In A New Town」です。
地味な?インストですが、良い感じです!



ロウ

ロウ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: CD


さすがにこれだけだと寂しいので・・・超メジャー曲「Heroes」のPVもどうぞ・・・



ヒーローズ

ヒーローズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: CD


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 4

don

こんばんは~
ボウイですか。お好きなんでしょうか?
ぼくの中では、ロキシーミュージックと、ジャパンと、
デビッドボウイの区別があんまりついてなくて(苦笑)。
なんか短ラン・ボンタンのイメージです。

ぼくは長ラン(裏地はムラサキ)・バギーでした。
詰襟のカラーは、虎と竜。

by don (2017-07-15 20:47) 

Speakeasy

donさん、こんばんは。

ハイ!ボウイ!お好きです(笑)
ロキシー・ミュージックとジャパンとデヴィッド・ボウイですか・・・
似てると言えば、似ています(断言!?)
実はジャパンはあんまり聴いた事がないですが、ロキシーもボウイもグラムだった時がありまして・・・以下略(笑)
どのアーティストにも耽美的なイメージがありますよね?
そこが好きになれるかなれないかの境目ではないでしょうか?

いきなり例えがツッパリの時代に遡りましたね(笑)
短ラン・ボンタン・・・確かにイメージあります!
donさんの学生時代は結構やんちゃだったようですね~
やっぱりリーゼントだったんですかね?
私は、いたって真面目な学生でしたよ!!!
校則から外れた事はしませんでした・・・反動で、大人になってから不良になりましたが(大笑)

by Speakeasy (2017-07-15 21:58) 

raccoon

ボウイは、「Let's Dance 」 がヒットした頃しか記憶にないのですが、「A New Career In A New Town」はカッコいいですね。

昨年亡くなられたので、いつか「ジギー」、「Heroes」とか聴いてみたいとは思います。

ボックスのジャケットもいいですね。
by raccoon (2017-07-17 12:34) 

Speakeasy

raccoonさん、こんばんは。

私もボウイを知ったのは「Let's Dance」の頃です。中学生でした。
CDを買ったのは暫く経ってからで、グラムロック時代の傑作『Ziggy Stardust』を購入しました。
直ぐに好きになった・・・かというと、そうでも無くて、最初に買ったそのCDは売り払った記憶があります。
しかし、ラジオ等で何度か「Starman」等の収録曲を耳にして、また買い直しました(笑)
その後、紙ジャケット(また出た・・・笑)で出たものは一通り揃えました!
一部紙ジャケ化されてない2~3のアルバム以外は持っています。
今回のボックスはシリーズで、その3作目です。
このシリーズは丁寧な作りで好感がもてます・・・の割に前作買ってない(笑)

by Speakeasy (2017-07-17 17:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0