So-net無料ブログ作成

ジョン・レノンの平和運動に影響を与えたのは、ひとりの映画監督だった

0001.jpg

BARKSより引用

暴走する権力の恐怖を描いた偽ドキュメンタリーの問題作『懲罰大陸★USA』(1971)を監督した英国人ピーター・ワトキンスは、1960年代にイギリスBBCで編集アシスタント兼ドキュメンタリー監督としてキャリアをスタートし、1965年に発表した監督作『The War Game』(日本未公開)は、イギリスにソ連の核ミサイルが落とされたという設定をドキュメンタリー・タッチで描いた【劇映画】だったにもかかわらず、アカデミー賞・長篇ドキュメンタリー賞を受賞してしまった。

このワトキンス監督が、ジョン・レノンの思想や行動に大きな影響を与えていたことはほとんど知られていない。

1996年に欧米で出版され、翌1997年に日本でも翻訳が出版された「ロスト・レノン・インタビュー〈1〉ジョン・レノン ラブ・アンド・ピース」(ジェフリー&ブレンダ・ジュリアーノ著、広田寛治監修、島田陽子訳、プロデュースセンター出版局刊)によると、1969年12月、トロントでマスコミ取材に応じたレノンは、平和運動を始めたきっかけを以下のように話している。

「直接のきっかけと言うと、ピーター・ワトキンスという人から手紙をもらったことかな。『The War Game』という映画を作った監督だよ。すごく長い手紙で、今どういうことが起きているかが書かれていた。メディアがいかに統制を受けているか、どんな風に動かされているか、みんなに知らされる情報すべてが、いかに操作されているか。彼はそれをはっきりと、何時間もかけて膨大な枚数に書いてきた。そして最後に「あなたならこういう状況をどうしますか」って。彼が言うには「あなたのような立場、我々のような立場にいる人間には特に」、つまり彼が映画監督だからね…、「メディアを世界平和のために利用する責任があるはずだ」。僕らはこの手紙を前にして3週間ずっと考えてた。そのあとで僕らは「ベッドイン」を思いついた」(前記翻訳本より抜粋)

特に面識があったわけでもなくジョン・レノンに手紙を送った、まさに「思う」だけでなく「実行する」ワトキンス監督は、自身でも60年代、英国政府が操る人気アイドルとメディアによる国民洗脳の恐怖を描いた『傷だらけのアイドル』(1967)を発表している。そしてジョン・レノンへの手紙のあと、1970年5月に起こったケント州立大学での学生射殺事件(ベトナム戦争に抗議していた学生4人が州兵によって殺された事件)をきっかけに発表したのがこの度日本初公開となる1971年の『懲罰大陸★USA』だ。

ワトキンス作品は一貫してドキュメント・スタイルで描かれているが、実はフィクションであり、今風の言葉でいえばモキュメンタリーだ。TVで培ったドキュメンタリーの手法を駆使して体制の腐敗と偽善の暴露を実践し、現実の不条理と絶望を恐れず告発し続けてきた。ジョン・レノンと同時代を生き、反体制と反権力を貫いてきた孤高の映画作家、今年80才となるピーター・ワトキンスによる野心作にして最もストレートかつパーソナルな作品『懲罰大陸★USA』は、21世紀の日本でどのように受け取られるのだろうか?

日本初公開となる『懲罰大陸★USA』は、8月29日(土)より新宿シネマカリテにてレイトショー、以降全国順次公開される。



引用ここまで

BARKS

恥ずかしながら、ピーター・ワトキンスという映画監督やその作品について全くの無知でありました。ジョン・レノンを3週間も考え続けさせた彼の手紙の内容とは如何なる物だったのでしょうか。日本では本日8月15日は終戦記念日、戦後70周年ということで、その間平和が続いてきましたが、世界では未だに紛争や戦争は後を絶ちません。日米安保の見直し等で、日本の平和に漠然とした不安を覚える方も沢山いることでしょう。そんな時期に、この映画は私たちに何を語りかけてくれるのでしょうか。

公式サイトはコチラ

追記:警官や州兵に政治犯?が命を狙われるというシチュエーションは何処かで観た覚えがあったのですが、『懲罰大陸★USA』の予告編の中にその回答がありました。ロメイン・ガブラスが監督したM.I.A.の「Born Free」のPVがそれです。以前このバイオレンスに溢れた映像を観た時、強い不快感を覚えたのですが、ピーター・ワトキンスへのオマージュだったとは知る由もありませんでした。それではM.I.A.の「Born Free」を観てみましょう。ただし、バイオレンス表現が際どいので、観るにあたっては覚悟が必要です。



M A Y A

M A Y A

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ホステス
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: CD


nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

XTC、『Oranges & Lemons』5.1サラウンド・ミックス化

34450.jpg

XTCの5.1サラウンド・ミックスやニュー・ステレオ・ミックスなどを収めたリイシュー・シリーズの第3弾として89年作『Oranges & Lemons』が発売に。米サイトMusicTAPによれば発売は海外で10月16日予定。

Nonsuch』『Drums And Wires』に続くリイシュー・シリーズの第3弾。ミックスは、これまでと同じくポーキュパイン・トゥリースティーヴン・ウィルソンが手がけています。

今回予定されている内容は

☆Oranges and Lemons 5.1 Surround mix in 24bit/96khz available in LPCM and DTS HD MA

☆a new stereo album mix in 24bit/96khz LPCM audio

☆instrumental versions of all new stereo mixes in 24bit/96khz LPCM audio

☆a flat transfer of the original stereo album mix in 24bit/96khz LPCM audio

☆2 separate sets of demo & work tape sessions showing the evolution of the album & associated recordings

☆1 set of pre-recording rehearsals, promos & ID links for radio stations & record companies

☆a collection of single mixes & XTC’s version of Captain Beefheart’s ‘Ella Guru’

☆promo films for “The Mayor of Simpleton” (3 versions), “King for a Day” & “The Road to Oranges & Lemons” rarely seen home-made film by the band explaining the album (& themselves!) to Geffen Records USA.

☆Presented in special packaging with expanded booklet & sleeve-notes by Andy Partridge, Colin Moulding & Dave Gregory.

曲目などは今後発表される予定

以上、amassより引用

amass

個人的には『English Settlement』辺りが5.1サラウンド化されたら最高なんですが、贅沢は言いません。『Oranges & Lemons』のサラウンド・ミックスを心行くまで楽しむつもりです!

では、『Oranges & Lemons』のアルバムから「Mayor Of Simpleton」のPVを観てみましょう!今回この曲のプロモは3バーションも収録されるんですね。



追記:今なら、Apeのオフィシャル・ストアで予約すると、もれなくコリン・ムールディングのサイン入りポストカードが貰えるようです。私も早速予約致しました。前回『Drums And Wires』でアンディ・パートリッジのサイン入りポストカードが貰えて嬉しかったので・・・待っていました。アンディの筆圧は強かったのが分かりましたよ(笑)

コチラから予約できます。


更に追記:届いたブルーレイを再生したところ、メニュー画面までたどり着けませんでした。ちなみに、AVアンプに繋いである機器の内、ブルーレイが再生可能なのは、ハードディスクレコーダー、ブルーレイディスクプレーヤー、PS3、PS4の4種類です。『Oranges & Lemons』のディスクを再生できたのは、ブルーレイディスクプレーヤーとPS4、再生できなかったのは、ハードディスクレコーダーとPS3です。この様なハードを選ぶソフトを出すってどうなんでしょう?たまたま私は聴くことが可能でしたが、人によっては購入しても聴けない場合もあり得ます。そんな訳で、かなり疑問の残るリイシューと言わざるを得ませんね。


更に、更に追記XTC BEST BAND EVERさんのツイートによると、今回のブルーレイの不具合は、100%SONYのファームウェアの問題だとバーニング・シェッド側が発表したようです。また、SONY以外のブランドのプレーヤーで問題がある場合はセットアップ、又はファームウェアの問題なので、ファームウェアが最新版か確認しなさいとのこと。私のブルーレイプレーヤーは全てSONY製でした・・・(笑)全くSONYったら・・・ブツブツ


更に、更に、更に追記:今、バーニング・シェッドのサポートからメールが届きました。今回、SONYの幾つかのブルーレイ・プレーヤーとPS3において発生している問題は、ファームウェアが原因であり、現在、ディスク製作者とSONYは、ファームウェアの問題に取り組んでいるとのこと。何れ修正されSONYのプレーヤーでも再生できるようになるので、ディスクを返品するのは止めてください。の様な内容だと思われます。まあ、問題なく再生できるようになるなら、なによりの話です!

更に、更に、更に、更に追記:この話題を取り上げてから1年以上経ちました。SONYからようやくメールが届きました。以下に引用します。

このたびは「XTC - Oranges And Lemons」がBDレコーダーにおいて
再生できない現象について、ご回答が遅くなり、誠に申し訳ございません。

お問い合わせいただきました件について
関連部署にて調査が完了しました。

その結果、ブルーレイディスクレコーダーで再生できない原因は、
ディスク側にあると判断致しました。

また、ソニーではレコーダー側での修正は困難であり、修正対応は
行わないとの結論に至りました。

誠に恐れ入りますが、今回のような輸入盤を含め、市場に存在する
すべてのディスクタイトルの再生を保証することは難しく、
他に再生可能な機器をお持ちであれば、
その機器をお使いいただくようお願いいたします。

大変長らくお待たせしてしまった上、ご期待に添えない回答と
なりましたことを深くお詫びいたします。

引用ここまで

結局、PS3では再生できない事になってしまいました。

残念ですが、私は既に他のプレーヤーで楽しめたので良しとします。

問題に取り組んでくれたSONYの方々に感謝します!

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽