So-net無料ブログ作成
検索選択

ジェファーソン・エアプレインのポール・カントナーが死去

ジェファーソン・エアプレインの結成メンバーであったギタリスト/ヴォーカリストのポール・カントナーが1月28日、多臓器不全と敗血症ショックのため死去。2015年3月に心臓発作を起こすなど、近年は健康問題を抱えていました。74歳でした。カントナージェファーソン・エアプレインから派生したジェファーソン・スターシップでも活躍。

以上、amassより引用

amass

実は、ジェファーソン・エアプレインのCDは持っていません。ですが、↓このようなボックスを購入しようか迷っているところでした。

The CD Vinyl Replica Collectio

The CD Vinyl Replica Collectio

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Culture Factory
  • 発売日: 2015/11/03
  • メディア: CD


CDは所有していなくても、60年代の音楽をかじった人なら誰でも知ってる「White Rabbit」をどうぞ・・・



ジェファーソン・エアプレインの代表曲「Somebody To Love」を、モンタレー・ポップ・フェスティバル出演時の映像で・・・



surrealistic pillow

surrealistic pillow

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: rca
  • 発売日: 2003/09/01
  • メディア: CD


nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』を観た!

今更ながら、『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』を自宅にてブルーレイで鑑賞しました。

ニルヴァーナの音楽が如何に優れているかとか、ミュージック・シーンにおける彼らの重要性を検証する様な内容ではありません。

カート・コバーンの恵まれない生立ちや彼の独特なパーソナリティを、視聴者にこれでもかと付きつけるように、彼の個人的な文章やイラストやデモ音源やホームビデオやインタビュー等を使って、濃密に描いて行くのです。

正直、観終えた後ぐったりするような疲れを覚えました。最終的に彼がどの様な道を選択したか、皆が分かっているので尚更です。

彼を救うことは不可能だったのではないか・・・そんな考えも思い浮かびました。

それでも、やはり彼が残した音楽は、唯一無二の存在であることに異論はありません。

はかない、でも美しい音楽・・・それを生み出した人を近距離から覗き込む、そんな2時間でした。



COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


以前に、この音源は紹介済みですが、『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』の中で、とても印象的に使われていた、ザ・ビートルズのカバーで「And I Love Her」を改めて聴きましょう。



COBAIN:モンタージュ・オブ・ヘック~ザ・ホーム・レコーディングス

COBAIN:モンタージュ・オブ・ヘック~ザ・ホーム・レコーディングス

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: CD

Montage of Heck [12 inch Analog]

Montage of Heck [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ume
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: LP Record

And I Love Her/Sappy [7 inch Analog]

And I Love Her/Sappy [7 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ume
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: LP Record


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

第50回スーパーボウル出場チーム決定!

1月25日に行われたカンファレンス・チャンピオンシップの2試合で、2016年2月8日の第50回スーパーボウルに出場する2チームが決定しました!

1試合はタイトなディフェンス戦、もう1試合は記録的な大差がつきました。

結果は、両カンファレンスともナンバー1シードが順当に勝ち上がってきました。

それではご紹介しましょう!

スーパーボウル出場チームは・・・

デンバー・ブロンコス
カロライナ・パンサーズ

の2チームです!!

ブロンコスはベテラン・クォーターバック(以下QB)、ペイトン・マニング率いるディフェンスの堅いチーム、一方パンサーズは抜群の機動力を持った若きQB、キャム・ニュートン率いる破壊力満点のオフェンス・チームで、対照的な2チームです。

私は、キャム・ニュートンの面白キャラが好きなのでパンサーズを応援しますが、引退が噂されるペイトン・マニングに花道を飾ってもらいたいという気持ちもあり、やや複雑な気分です。

どちらが勝つにしろ、良いゲームを期待します。でも、大差が付きそうな気もする・・・

↓で、カンファレンス・チャンピオンシップのハイライト映像を観ることができます。



ハーフタイムショーはコールドプレイの出演が決まっていますが、ビヨンセが再び出演するとの情報もあります!

いずれにせよ、2月8日が楽しみですね!!

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

トッド・ラングレン、廉価ボックスセット『Complete Bearsville Albums Collection』

54532.jpg

トッド・ラングレンの廉価ボックスセット『Complete Bearsville Albums Collection』が海外で2月26日発売。タイトルにもあるようにベアズヴィル・レコード時代のアルバム11タイトルを収めた作品でCD13枚組。日本円で1タイトルあたり700円前後となる価格帯でのリリースです。

以上、amassより引用

amass


トッド・ラングレンのベアズヴィル時代のCDは紙ジャケットで集めてあるので、このボックスセットを今更欲しいとは思いません。新たにリマスターとかもないだろうし・・・ただ、これからトッドを聴いてみたいと思う人には、とても良い入門セットになると思います。ユートピアの廉価ボックスセットは出ないのかな??個人的には、ベアズヴィル以降を紙ジャケ化とかボックス化して欲しいです!

1972年のアルバム『Something/Anything?』から「Hello It's Me」をどうぞ・・・73年のTV出演時の動画です。



1976年のアルバム『Faithful』から、ザ・ビーチ・ボーイズのカバーで「Good Vibrations」も聴いてみましょう!



Complete Bearsville Albums Collection

Complete Bearsville Albums Collection

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Bearsville
  • 発売日: 2016/02/26
  • メディア: CD


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラスト・シャドウ・パペッツ、外見について「ビートルズから『ワイルド・スピード』風に変化を遂げた」と語る

NME JAPANより引用

ラスト・シャドウ・パペッツアレックス・ターナーは、2008年にデビュー・アルバムをリリースして以来、彼とマイルズ・ケインの外見がどれくらい変わったかについてジョークを飛ばしている。

彼らは、ニュー・アルバム『エヴリシング・ユーヴ・カム・トゥ・エクスペクト』を4月1日にリリースすると1月21日に発表している。新曲“Bad Habits”は、今月初旬に発売され、同時にライヴの予定も発表されている。

アークティック・モンキーズのフロントマンでもあるアレックス・ターナーと、マイルズ・ケインは今週発行の『NNE』の表紙を飾り、独占巻頭特集でインタヴューに答えている。

アレックス・ターナーは変化を遂げた彼らの外見について、2008年の長髪だった頃とは様々な変化が生じていると語った。「僕たちは大人の男になったんだ。特に昔の写真と今の自分たちを見比べるとね」と話し、「ビートルズから『ワイルド・スピード 』風に変化を遂げた」と語っている。

引用ここまで

NME JAPAN


私も最新シングル「Bad Habits」のPVを観て、彼らの変わり様に驚きましたが、「ビートルズから『ワイルド・スピード』風」とは良く言ったものです(笑)

ビートルズというかモッズの様な風貌が好きだったので、少し寂しいですが、時の流れは誰も止めることはできないですからね~改めて彼らの変化ぶりを観てみましょう!

では、ビートルズ風だった彼らが観られる「Standing Next To Me」をどうぞ・・・



ジ・エイジ・オブ・ジ・アンダーステイトメント

ジ・エイジ・オブ・ジ・アンダーステイトメント

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2008/04/16
  • メディア: CD


ワイルド・スピード』風??の「Bad Habits」です。



nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モット・ザ・フープルのデイル・グリフィンが死去

モット・ザ・フープルのオリジナル・メンバーであったドラマーのデイル・グリフィンが1月17日、アルツハイマー病から生じた合併症のため英ハートフォードシャーにて死去。英BBCニュースによれば、睡眠中に安らかに亡くなったようです。67歳でした。

英国の音楽誌Classic Rockによれば、デイル・グリフィンは58歳の時にアルツハイマー病と診断されています。
モット・ザ・フープルは2009年にバンド結成40周年を記念してオリジナルメンバーでの再結成ライヴを実施。その際、デイルは体調が悪化していたため参加は一部の曲のみでした。

以上、amassより引用

amass


モット・ザ・フープルは、デヴィッド・ボウイが楽曲を提供した「All The Young Dudes」位しか知りませんが、やっぱり名曲ですね。この曲を聴いて故人を悼みましょう。



All the Young Dudes

All the Young Dudes

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2006/02/21
  • メディア: CD


おそらく、モット・ザ・フープル名義ではラスト・シングルである「Saturday Gigs」も好きな曲です。



The Hoople

The Hoople

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Columbia/Legacy Euro
  • 発売日: 2006/05/09
  • メディア: CD


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

イーグルスのグレン・フライが死去

イーグルスの創設メンバーでギタリストのグレン・フライが1月18日、ニューヨークで死去。バンドの公式サイトにて発表されています。死因は関節リウマチ、急性の潰瘍性大腸炎、肺炎からの合併症。腸の疾患を抱えていたグレンは、昨年11月に手術も受けていたと伝えられています。67歳でした。

It is with the heaviest of hearts that we announce the passing of our comrade, Eagles founder, Glenn Frey, in New York...

Posted by Eagles on 2016年1月18日


以上、amassより引用

amass


訃報ばかり続きます。悲しいです。定番ですが、イーグルスの「Desperado」でも聴きませんか?グレン・フライはピアノを弾いています。



ならず者

ならず者

  • アーティスト: イーグルス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/12/21
  • メディア: CD

Eagles Studio Albums 1972-1979

Eagles Studio Albums 1972-1979

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Elektra / Wea
  • 発売日: 2013/03/26
  • メディア: CD


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

キース、「Candy Candy」

ブログのネタを集めようと、ネットを見て回ると自分が“デヴィッド・ボウイ・ロス”みたいな状態になっていることに気が付きます。
本当はボウイの訃報関係の記事をまとめてみようとしたのですが、全くやる気が起きません。

そんな感じなので、全然関係の無さそうな音楽を貼ってみたいと思います。

キースに関する説明も無しですが・・・この曲「Candy Candy」から始まるMD(懐かしいなMD・・・笑)を自分で編集して、結婚を控えた友人にプレゼントしようとしたのですが、こっ恥ずかしくて止めてしまった思い出があります(笑)

では、聴いて下さい。キースで「Candy Candy」です。ああ、キースキースでも辛口コメントで有名な方ではありません!



Ain't Gonna Lie

Ain't Gonna Lie

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rpm
  • 発売日: 2009/06/08
  • メディア: CD


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

デヴィッド・ボウイが死んだ・・・

original_david_bowie_3_600xfree.jpg

あのデヴィッド・ボウイが亡くなりました。今までこのブログで色々な訃報を伝えてきましたが、こんなにショックなのは初めてです・・・ああ、ザ・モンキーズデイビー・ジョーンズディヴィッド・ジョーンズ)(奇しくも、デヴィッド・ボウイの本名)が亡くなった時以来かな・・・


amassより引用

デヴィッド・ボウイが1月10日、癌のため死去。ボウイのFacebookページにて明らかにされています。18カ月前に癌と診断され、闘病生活を送っていたようです。69歳でした。

January 10 2016 - David Bowie died peacefully today surrounded by his family after a courageous 18 month battle with...

Posted by David Bowie on 2016年1月10日


息子のダンカン・ジョーンズも訃報を伝えています。



引用ここまで

amass


8日に新譜が出たばかり、9日に69歳の誕生日で、突然の訃報!

新譜『(Blackstar)』、国内100枚限定のクリア・バイナルのアナログ盤を運良く入手しましたが、これはもう開封しないでシールド状態のままで保存します・・・

Rock 'N' Roll Suicide



My Death



nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フリーホィール、「Starfriend」

音楽サイトの引用ばかりでなく、たまには自分が今聴きたい音楽のビデオを貼ってみるのも良いかなと思いまして、フリーホィールの「Starfriend」です。

スウェーデンを拠点とする90年代のバンドです。ボーカルのウルフ・トレッソンは、トーレ・ヨハンソンと共に、沢山の日本人をプロデュースしたので、渋谷系の音楽を少しでもかじった人ならご存知だと思います。

私は渋谷系の音楽に詳しい訳では無いのですが、昔(YouTubeの無い時代)、スウェーデンのミュージック・ビデオのストリーミング・サイトで偶然この「Starfriend」に出会い、直ぐにファンになりました。



もう一曲、フリーホィールで「Sweet Swedish Winter」を聴いてみましょう。今の季節にピッタリな曲ですね。



Starfriend

Starfriend

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Vibrofon Records
  • メディア: CD

ユニヴァーサル・ジョイント

ユニヴァーサル・ジョイント

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: クアトロ
  • 発売日: 1997/07/19
  • メディア: CD


このバンド、今はどうしているのかな~またひょっこり現れて素敵な音楽を奏でて欲しいものです。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽