So-net無料ブログ作成

ザ・ビートルズ、映画『THE BEATLES LIVE』

55574.jpg

THE BEATLES LIVE (仮題) 2016年秋、公開決定

ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来21年ぶりの最も重要なアップル作品
監督はアカデミー賞(R)受賞ロン・ハワード
ポールリンゴオノ・ヨーコオリヴィア・ハリスンの全面協力
メンバーのインタビューやレアな独占秘蔵映像も満載

【「THE BEATLES LIVE」 (仮題) 2016年秋、公開決定】
バンドのリヴァプール時代から、1963年に始まった15か国90都市166公演におよぶツアーの様子と世界中の熱狂の様子、そしてザ・ビートルズの4人が最後に観客の前で演奏した1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演まで、まさにバンドの全盛期を多数のライブ映像で描きます。さらに、著名人や関係者のインタビューを織り交ぜながら、彼らの曲の変遷と驚異的な人気の理由を探ります。

この重要な長編ドキュメンタリーの監督は、『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』などの人気作を手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞最優秀監督賞を受賞したロン・ハワード。プロデューサーは『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』、『ボブ・ディラン ノーディレクション・ホーム』等の名作音楽ドキュメンタリーを手掛けるホワイト・ホース・ピクチャーズのナイジェル・シンクレアスコット・パスクッチ。イマジン・エンタテインメントのブライアン・グレイザー。エグゼクティブプロデューサーには、アップル・コア・リミテッドのジェフ・ジョーンズジョナサン・クライド、イマジン・エンタテインメントのマイケル・ローゼンバーグ、ホワイト・ホース・ピクチャーズのガイ・イーストニコラス・フェラルが参加している。

【Story】
イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった――。


ザ・ビートルズのオリジナル映画作品★ 『ア・ハード・デイズ・ナイト/ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!』 (1964年/監督:リチャード・レスター) 『ヘルプ!/4人はアイドル』 (1965年/監督:リチャード・レスター) 『マジカル・ミステリー・ツアー』 (1967年/監督:ザ・ビートルズ) 『イエロー・サブマリン』 (1968年/監督:ジョージ・ダニングジャック・ストークス) 『レット・イット・ビー』 (1970年/監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ)
★TVシリーズ代表作★ 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』 (1995年)


出演:ザ・ビートルズ 監督:ロン・ハワード
プロデューサー:ナイジェル・シンクレア、スコット・パスクッチ、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
エグゼクティブプロデューサー:ジェフ・ジョーンズ、ジョナサン・クライド、マイケル・ローゼンバーグ、ガイ・イースト、ニコラス・フェラル
2016年/イギリス/英語/カラー/配給:KADOKAWA 提供:KADOKAWA、テレビ東京 協力:ユニバーサル ミュージック合同会社

2016年秋、全国ロードショー

以上、ザ・ビートルズの公式サイトより引用


以前から噂になっていたザ・ビートルズのライブに焦点を当てた映画が、いよいよというか、やはり正式に発表されました。
まあ、映画という短い時間の中で様々なエピソードと共に描かれる訳ですから、各コンサートをコンプリートするどころか1曲の完奏でさえままならないのではと思います。それでも1970年の『Let It Be』以来となる、ザ・ビートルズのオフィシャル映画なのですから、期待は高まりますね。
もう耳にタコが出来るくらい何度も発言していますが、映画『Let It Be』を早くパッケージ化して欲しいのと、今回の映画でライブ関係のアーカイブも整理できたことでしょうから、各々のコンサートを丸ごとコンプリートした形での発売もお願いしたいです!シェイ・スタジアムとか色々あるでしょうに・・・映像版『The Beatles 1』でも良い仕事をしたのですから、やれない訳は無いですよね?

動画は、検索すると直ぐにヒットする、1963年の『It's The Beatles』というTVプログラムの為のライブをどうぞ・・・



nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チャーチズ、「Clearest Blue」のPV

2月17日に東京・赤坂BLITZで一夜限りの単独来日公演を行ったばかりのチャーチズですが、2015年発売のセカンド・アルバム『Every Open Eye』に収録されている「Clearest Blue」のPVを公開しました。

この曲は、当ブログで何度か紹介してきましたが、これまではライブやリリック・ビデオでしたので、今回の映像が正式なプロモーション・ビデオとなります。

改めて、ボーカルのローレン・メイベリーはキュートですね!まるでローレン嬢単独のプロモーションであるかのように思えてきます。残りの2人、イアン・クックマーティン・ドハーティは何処へ・・・ほんの少しだけ映っていますが(笑)



エヴリ・オープン・アイ

エヴリ・オープン・アイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ホステス
  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: CD

Every Open Eye

Every Open Eye

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/10/02
  • メディア: CD

Every Open Eye: Special Edition (+ 3 Bonus Tracks)

Every Open Eye: Special Edition (+ 3 Bonus Tracks)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: GLASSNOTE
  • 発売日: 2015/10/27
  • メディア: CD

Every Open Eye [12 inch Analog]

Every Open Eye [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Glassnote
  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: LP Record


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バイターズ、「1975」

なんだ、この古めかしい音は!と言いつつ、ちょっと嬉しかったりする!

アトランタ発のグラムパワーポップパンクバンドとかいう肩書きを持つらしいのですが・・・グラムとパワーポップとパンクって近いようで違うジャンルの様な気がする(笑)

何はともあれ、バイターズのデビューアルバム(と言っても、発売は昨年の8月)『Electric Blood』から「1975」を聴いてみましょう!



Electric Blood

Electric Blood

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Earache Records
  • 発売日: 2015/08/07
  • メディア: CD

Electric Blood [12 inch Analog]

Electric Blood [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Earache Records
  • 発売日: 2015/08/07
  • メディア: LP Record


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コールドプレイ、ブルーノ・マーズ、ビヨンセ、スーパーボウル・ハーフタイムショーの動画

遂に恐れていた日がやってきてしまいました。だって、スーパーボウルが終わるとNFLのシーズンも終了ですから・・・(笑)

試合は、両チームともディフェンスが牙を向き、クォーターバック(QB)をサックするは、ファンブルフォースをするわで、第3クォーターあたりまでは、タイトなディフェンス戦が観られました。

なかでも、この試合でMVPを獲得した、ブロンコスのアウトサイド・ラインバッカー(OLB)のボン・ミラー!!!凄まじかったです。2.5サックに、2ファンブルフォースの大活躍でした。

パンサーズのミドル・ラインバッカー(MLB)のルーク・キークリーも頑張っていましたが・・・MVPがブロンコスから出たのですから、結果は・・・デンバー・ブロンコスが24対10でカロライナ・パンサーズを下しました。

私はパンサーズを応援していましたが、今シーズンでの引退も囁かれるブロンコスのQB、ペイトン・マニングが花道を飾る形となったので、それはそれで良かったかなと思います。どちらのQBもあまり活躍できなかったけど・・・

あと、ディフェンスに優れるチームがスーパーボウルを制する!とか、シーズンMVPを取ったQBはスーパーボウルで勝てない!とかいったジンクスは今年も当てはまりましたね。

それでは、皆さん来シーズンにお会いしましょう!って、まだ終わりません!

まずは、レディー・ガガによる国歌独唱をどうぞ・・・とても良いパフォーマンスでしたね!



それでは、本日のメインイベント、ハーフタイムショーでのコールドプレイブルーノ・マーズマーク・ロンソンビヨンセをとくとご覧あれ!



ビヨンセは、スーパーボウル前日に公開したニュー・シングル「Formation」をパフォーマンスしてましたね。更に、「フォーメイション・ツアー」と銘打った北米とヨーロッパをまわる40公演に及ぶツアーを発表!スーパーボウルをも宣伝の材料変えてしまう強かな一面を見せてくれました。



nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボウイ、ビートルズらの貴重映像も。NHKスペシャル『新・映像の世紀』第5集

NHK放送開始90年を機に、2015年10月より全6回のシリーズ放送が開始となった『新・映像の世紀』。2月21日(日)放送の第5集では『新・映像の世紀 NOの嵐が吹き荒れる』と題して、1960年代に世界各国で巻き起こった若者たちの反乱や、それらと呼応して隆盛をみせたカウンターカルチャーにまつわる発掘映像の数々が公開される。

今回取り上げられる映像には、1963年8月、10万人が集まった公民権運動の大集会に登場したボブ・ディランや、1967年に世界初の衛星中継番組『Our World』に参加して“All You Need Is Love”のレコーディング風景を披露したザ・ビートルズ、1968年のロンドンでデモ隊の一人としてベトナム反戦を訴えるミック・ジャガーらの姿を捉えたものも。

また、1987年6月にベルリンの壁の前で行われたデヴィッド・ボウイの野外ライヴの模様も放送される。デヴィッドはこの時、スピーカーの4分の1を会場の聴衆ではなく、壁の向こう側の東ベルリンに向けており、壁を隔てて彼の声を聴こうと東ドイツの若者たち数千人が集結した。その2年後、ベルリンの壁は崩壊することになる。デヴィッドの死後、ドイツ外務省が「さようなら、デヴィッド・ボウイ。壁の崩壊に力を貸してくれてありがとう」とツイートしたことが話題となったが、その背景が映像によって改めて解き明かされる。

番組の詳細は以下の通り。

●番組情報
新・映像の世紀 第5集 NOの嵐が吹き荒れる
放送 2016年2月21日(日) 21:00~21:50 総合テレビ
再放送 2016年2月24日(水) 00:10~01:00(23日深夜) 総合テレビ
http://www.nhk.or.jp/special/eizo/

以上、RO69より引用

RO69


1995年に放送され大反響を呼んだ『映像の世紀』ですが、私もこの番組の大ファンであります。20世紀という始めて映像に刻まれた時代を、膨大なアーカイブの中から厳選した素材で克明に描き出してゆくこのシリーズは、本当に大きな感銘を受けました。

時は流れ2015年、『映像の世紀』公開から20周年の昨年、シリーズのデジタルリマスター版の放送もありました。

そして、満を持して『新・映像の世紀』は放送されたのです。前シリーズよりもエピソード一つを掘り下げてゆく編集方針のようで、これが知らなかった事実を暴いてゆく事に繋がっています。もちろん、第4集まで全て録画保存してあります。どれも心揺さぶられる内容でした。

今回の第5集は、カウンターカルチャーがテーマだと知り、いっそう拳に力が入りました!このシリーズ、観たことが無い人はとても勿体無いです(断言・・・笑)この第5集からでも遅くは無いので(いずれシリーズ全体の再放送があるでしょうから)、ぜひ目と耳の穴をかっぽじってテレビの前に噛り付いてご覧になって下さい。私からの業務連絡は以上を持って終了いたします。



nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モンキーズ、『Good Times!』に、ノエル・ギャラガー、リヴァース・クオモ、アンディ・パートリッジ等が参加

55043.jpg

モンキーズが20年ぶりの新スタジオ・アルバム・リリースを正式発表。新アルバム『Good Times!』を海外で6月10日発売。リリース元はRhino。スタジオ・アルバムの発表は1996年の『Justus』以来。

ソングライティングにはノエル・ギャラガーウィーザーリヴァース・クオモXTCアンディ・パートリッジデス・キャブ・フォー・キューティーベン・ギバードらが参加予定。ファウンテインズ・オブ・ウェインアダム・シュレシンジャーがプロデュースを担当しています。メンバーのピーター・トークマイク・ネスミスもソングライティングにも参加しているようです。

タイトル曲はニルソンことハリー・ニルソンによって書かれた楽曲で1968年にレコーディング・セッションを行うものの未完成に終わった楽曲。今回はニルソンミッキー・ドレンツによるヴァーチャル・デュエットで収められる予定です。またアルバムには、ニール・ダイアモンド作の「Love To Love」やキャロル・キング作の「Wasn't Born To Follow」なども収められる予定です。

グッド・タイムズ!

グッド・タイムズ!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: (株)ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: CD

Good Times!

Good Times!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: CD


以上、amassより引用

amass


アンディ・パートリッジがツイッターで、モンキーズの為にソングライティングをしていると言っていたので、新譜を作っているのは知ってはいたものの、ライター陣が豪華すぎです!!

昔も、ソングライティングには贅沢な人材を惜しげもなく投入してきたモンキーズですが、今回は、その布陣をアップデートしてきました。

ノエルリヴァースアンディベン・・・この取り合わせは考えもつきませんでした。

とにかく、発売が楽しみになりました!!!

では、ニール・ダイアモンド作の「Love To Love」をどうぞ・・・これとは別の音源を新たに料理するのかな?

もしくは、既に故人であるデイビー・ジョーンズのボーカルを抜いて、新たに他のメンバーのボーカルを重ねる・・・すなわち、ビートルズの「Free As A Bird」や「Real Love」の手法を取るのか?




追記:Monkees.comからのメールや、NME JAPANの記事を読むと、ノエル・ギャラガーに関する記述がありません。もしかすると、amassの記事の早とちりでノエルは参加していないか、話が立ち消えになってしまったという可能性もあります。

NME JAPAN


更に追記:BARKSによれば、やはりノエル・ギャラガーはソングライターとして参加しているようですね。ソースは『Rolling Stone』誌のようです。

BARKS


更に、更に追記:な、なんと、ノエル・ギャラガーポール・ウェラーモンキーズの為に一緒に曲を書いているという話まで、出てきました!!何か私の好きな人達が、一斉にモンキーズに集まっている様な・・・嬉しい事です!

NME JAPAN

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザ・カーズ、『The Elektra Years 1978-1987』

814ROP8dU3L._SL1500_.jpg

ザ・カーズのオリジナル・アルバム6タイトルを収めたリマスター・ボックスセット『The Elektra Years 1978-1987』が海外で3月11日発売。

ボックスには

・The Cars (1978)
・Candy-O (1979)
・Panorama (1980)
・Shake It Up (1981)
・Heartbeat City (1984)
・Door To Door (1987)

の6タイトルを収録。いずれもリック・オケイセックの指示のもとでリマスタリングが施されています。アルバム・アートワークもオリジナルを再現しています。

発売はCD版と180グラム重量盤アナログ・レコード版(カラー・ヴァイナル仕様)があり。レコード版は海外で6月7日発売です。

Elektra Years 1978-1987

Elektra Years 1978-1987

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Elektra / Wea
  • 発売日: 2016/03/11
  • メディア: CD


54954.jpg

また5月6日には、未発表音源も収めた新たなベスト・アルバム『Moving In Stereo: The Best Of The Cars』も発売されます。ボックスセット同様にリマスタリングされた音源を収めた全18曲入りで、うち2曲は未発表音源です。

●『Moving In Stereo: The Best Of The Cars

1. “Just What I Needed”
2. “Since You're Gone”
3. “Let's Go”
4. “You Might Think”
5. “Shake It Up”
6. “Drive”
7. “Tonight She Comes”
8. “My Best Friend's Girl”
9. “Don't Tell Me No”
10. “You're All I've Got Tonight”
11. “I’m Not The One” - Single Mix
12. “Candy-O”
13. “Heartbeat City”
14. “Touch And Go”
15. “Moving In Stereo”
16. “Dangerous Type”
17. “Sad Song” - Zdar Mix*
18. “Everything You Say” - Live*
*Previously Unreleased

以上、amassより引用

amass


ザ・カーズの如何にも80年代風の大袈裟なアレンジに違和感があり、いわゆる食わず嫌いの状態でしたが、時々ラジオ等で耳にするとやっぱり良い曲だな~と思い直すことになりました。

彼らのオリジナル・アルバムは、2012年に紙ジャケットでリリースされていますが、今回の廉価版ボックスは手が届きやすいです。しかも最新リマスターがなされているのは朗報です。

この曲「Just What I Needed」とか、ギターとドラムのコンビネーションが良いですね!もちろんメロディも一級品だと思います。



ザ・カーズと言えば、「You Might Think」の印象が強いです。子供の頃、このビデオを観た時、リック・オケイセックがハエになるシーンが恐ろしくて、強く記憶に刻まれています。今観ると何処が怖いのか分からないという・・・(笑)


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

第50回スーパーボウル直前の話題

まず、スーパーボウルでの国歌斉唱は、レディー・ガガで決定です!

ハーフタイム・ショーは、以前からお伝えしている通り、コールドプレイですが、ゲストでビヨンセが出る予定です。あと、ブルーノ・マーズが再び登場するという情報もあります。

エアロスミススティーヴン・タイラーがスキットルズというキャンディーのスーパーボウル用CMに出演しています。動画も観ることが可能です。スーパーボウルで放送した後にネットに公開するのが普通だと思っていましたが・・・まあ細かいことはいいや(笑)

訂正:スーパーボウル用のCMは、スーパーボウル前にネットで公開するのが定番のようです。




amassより引用

アメリカンフットボールのNFLがシールの名曲「Kiss From A Rose」をフィーチャーしたスーパーボウルのプロモーション/ミュージックビデオを公開。地元のチームがスーパーボウルを制覇した年に生まれた“スーパーボウル・ベイビーズ”によるコーラス隊が「Kiss From A Rose」の替え歌を披露。シールもビデオに出演しており、スーパーボウル・ヴァージョンの歌詞を歌っています。

引用ここまで

amass


シールと言えば、イギリスを代表するR&Bシンガーですが、彼がアメフトのCMをするとは意外でした・・・まあ細かいことはいいや(笑)




スーパーボウルまでに、関連した話題があれば、コチラに追記しますので、よろしくお願いします。


早速、追記です。

NHK、NFL中継の解説でお馴染み??の輿亮こしまこと)さんの娘さんが、水曜日のカンパネラでボーカル?MC?を担当するコムアイさんであった事を、昨夜、知り合いから教えてもらいました!良く見ればウィキペディアにも書いてありました(笑)

それでは、FMで一聴して私の度肝を抜いた水曜日のカンパネラで「千利休」を聴いてみましょう!




更に追記です。

ジャネル・モネイがペプシのスーパーボウル用のCMに出演しています。

60年代と80年代と現代が舞台となっているようです。

60年代のバックで流れる曲は、コントゥアーズの「Do You Love Me」です。私には、デイヴ・クラーク・ファイヴがカバーしたバージョンの方が馴染み深いのですが、オリジナルもさすがの恰好良さです!

80年代は、マドンナの「Express Yourself」です。説明不要ですよね。

現代の曲は、「Express Yourself」をCM用にアレンジし直したものだと思われます。ホントか??(笑)




更に更に追記です。

アウディのスーパーボウル用のCMに、デヴィッド・ボウイの「Starman」が使われています。

この時期に、デヴィッド・ボウイを使うのは反則でしょう?グッと来た!!

そういえば、今年のグラミー賞では、レディー・ガガデヴィッド・ボウイのトリビュート・パフォーマンスを行うようです。



nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽