So-net無料ブログ作成

バングルス、『Ladies And Gentlemen . . . The Bangles!』

57747.jpg

80年代に人気を博した米ガールズ・バンド、バングルスの初期レア音源を収めたアルバム『Ladies And Gentlemen . . . The Bangles!』が海外で6月24日発売。リリース元はOmnivore Recordings。

Columbia Records契約以前の初期音源を収めた作品で、1981年のデビュー・シングル「Getting Out Of Hand」や1982年の初EP『The Bangles』の全収録曲のほか、デモやライヴなどのレア音源も収めた全16曲入り。リマスタリング音源。

スザンナ・ホフスデビー・ピーターソンヴィッキー・ピーターソン、そしてオリジナル・ベーシストのアネット・ジリンスカスによるパフォーマンスをフィーチャーした作品です。

アルバム・トレーラー映像あり



Ladies and Gentlemen the Bang

Ladies and Gentlemen the Bang

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Omnivore Recordings
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: CD


なお、この作品は以前にデジタル配信版がリリースされています。

●『Ladies And Gentlemen . . . The Bangles!

1. Bitchen Summer/Speedway
2. Getting Out Of Hand
3. Call On Me
4. The Real World
5. I’m In Line
6. Want You
7. Mary Street
8. How Is The Air Up There?
9. Outside Chance (Demo Version)
10. Steppin’ Out (Demo Version)
11. The Real World (Demo Version)
12. Call On Me (Demo Version)
13. Tell Me (Live)
14. 7 & 7 Is (Live)
15. No Mag Commercial
16. The Rock & Roll Alternative Program

以上、amassより引用

amass


80年代のバンドでありながら、どこか60年代の雰囲気を漂わせていたバングルス

メジャー・デビュー以降の3枚のアルバムは、紙ジャケットで所有していますし、再結成後のアルバムも入手しております。

今回、初期の音源がCDになるという事ですので、私も一つ購入させて頂きます!

動画は、今作には含まれていませんが、バングルスの名曲「Eternal Flame」をどうぞ・・・そういえば、プリンスから楽曲提供された「Manic Monday」という曲もありましたね。



エブリシング(紙ジャケット仕様)

エブリシング(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: CD


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エレクトリック・ライト・オーケストラ、『The Studio Albums 1973-77』

57728.jpg

エレクトリック・ライト・オーケストラElectric Light Orchestra / ELO)が70年代に発表したスタジオ・アルバム5タイトルをまとめた廉価ボックスセット『The Studio Albums 1973-1977』が海外で6月10日発売。

ボックスには

On The Third Day (1973)
Eldorado (1974)
Face Tthe Music (1975)
A New World Record (1976)
Out Of The Blue (1977)

の5タイトルを収録。いずれも最新リマスター音源で収録。ボーナストラックはなし。

以上、amassより引用

amass


ELOのアルバムは、紙ジャケットやら、既発の廉価ボックスセット等で何度も購入しているので、さすがにもういいだろ~と思いましたが、「いずれも最新リマスター音源で収録」というところに引っかかってしまいました(笑)

動画(ほぼ静止画ですが・・・)は、アルバム『Face The Music』収録の「Waterfall」です。



Studio Albums 1973-1977

Studio Albums 1973-1977

  • アーティスト: Electric Light Orchestra
  • 出版社/メーカー: Sony Music Cmg
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: CD


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モンキーズ、「She Makes Me Laugh」のリリックビデオ

55043.jpg

モンキーズが結成50周年を記念して発売する20年ぶりのニュー・アルバム『Good Times!』から、「She Makes Me Laugh」のリリックビデオを公開しました。

尚、この曲をコンポーズしたのは、ウィーザーリヴァース・クオモです。

Good Times!』からのファーストカットはXTCアンディ・パートリッジが書いた「You Bring The Summer」になると予告されていたのですが、直前になって変更があった様です。



グッド・タイムズ!

グッド・タイムズ!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: CD

Good Times!

Good Times!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2016/05/27
  • メディア: CD

Good Times! [12 inch Analog]

Good Times! [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: LP Record


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケイジ・ジ・エレファント、「Trouble」

51961.jpg

米ケンタッキー州ボウリング・グリーン出身のロック・バンド、ケイジ・ジ・エレファントが、最新アルバム『Tell Me I’m Pretty』から「Trouble」のPVを公開しました。

このブログで紹介した前作『Melophobia』収録の「Cigarette Daydreams」のPVは私のお気に入りで、視聴しまくりました。

こちらの「Trouble」も、楽曲、映像共に素晴らしく何度も観たくなります。



テル・ミー・アイム・プリティ

テル・ミー・アイム・プリティ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/01/20
  • メディア: CD

Tell Me I'm Pretty

Tell Me I'm Pretty

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rca
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: CD

Tell Me I'm Pretty [12 inch Analog]

Tell Me I'm Pretty [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rca
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: LP Record


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

プリンスが死去

COL_00005_00041.jpg

プリンス死去のニュースは、至る所で報道されているので、音楽ファン以外の方でも既にご存知の事と思います。

プリンス(本名:プリンス・ロジャース・ネルソン)は、4月21日、米ミネソタ州ミネアポリス郊外にあるペイズリー・パークの自宅で亡くなりました。死因は不明です。57歳でした。

プリンスに関しては、昔レンタル落ちで購入した『Around The World In A Day』と『Parade』しかCDを持っていません。

そんな私に、プリンスを語る資格は無いので、多くは喋りません。

私があまり好きになれなかった80年代の音楽シーンにおいて、彼は間違いなく時代の寵児でした。

孤高の天才の死を悼みます。どうか安らかに・・・

動画は1985年のアルバム『Around The World In A Day』から、「Raspberry Beret」です。



アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ

アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: CD


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラモーンズ、『Ramones』がデラックス・コレクターズ・エディションで再発

48944.jpg

ラモーンズが1976年にリリースした初のスタジオ・アルバム『Ramones(邦題:ラモーンズの激情)』。発売40周年を記念したデラックス・コレクターズ・エディションが発売に。リイシュー元はRhino Records。

このエディションは3CD+1LPの4枚組。オリジナルをプロデュースしたクレイグ・レオンによる監督のもとで制作。オリジナル収録曲のほか、デモやライヴなどのレア音源も追加される予定。米サイトMusicTAPなどによれば、発売は海外で7月1日を予定。

以上、amassより引用

amass


ラモーンズの1stは、聴いているとアドレナリンが大量に分泌されるのが分かります(笑)

まだ収録曲等の具体的な情報は出ていませんが、ぜひ購入したいな~!

動画は1stアルバム『Ramones』収録の「Blitzkrieg Bop」で、ドイツのTVプログラム(Musikladen)出演時のものです。有名なヤツです!



ラモーンズの激情(40th アニヴァーサリー・エディション)

ラモーンズの激情(40th アニヴァーサリー・エディション)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: CD

RAMONES-40TH ANNIVERSA [Analog]

RAMONES-40TH ANNIVERSA [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: RHINO
  • 発売日: 2016/09/09
  • メディア: CD


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

XTC、『Skylarking』遂に5.1サラウンド化へ!

81zq5K8taBL._SL1500_.jpg

紛失したと言われていたXTCの名盤『Skylarking』のマスターテープが、なんとニューヨークのキャピタル・レコード社の貴重品保管室から発見されたそうです!

早速、スティーブン・ウィルソンによってサラウンド・ミックスが施されたようで、アンティ・パートリッジもその出来にご満悦の様子。

アンディ本人によると、発売は10月になるとの事!

尚、ソースはXTC BEST BAND EVERさんのツイートです。こちら、XTCファンにとってはお宝情報満載な優良サイトでございます!

曲は、アルバムのオープニングを飾る「Summers Cauldron / Grass」です。スティーブン・ウィルソンは、この曲について、ブンブン唸る蜂の音を入れてサラウンドパンニングする絶好のチャンス、と語っております。

早く、サラウンド・ミックスが聴きたい!!



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

月刊ストレンジ・デイズ一時休刊

月刊ストレンジ・デイズは諸般の事情により
既刊の第198号をもって一旦発刊が休止となります。

尚、初夏までには内容・ページ数・価格を変更した
ストレンジ・デイズを発行予定です。

詳細については本ストレンジ・デイズ・ウェヴ・サイトにて
随時報告させていただきます。
引き続きご支援のほどをよろしくお願い致します。

平成28年4月15日
ストレンジ・デイズ編集長 岩本晃市郎

以上、ストレンジ・デイズ・ウェヴ・サイトより引用

ストレンジ・デイズ・ウェヴ・サイト


たまたま書店で創刊号を手に取って以来、毎月ストレンジ・デイズを買い続けてきました。いや、季刊になった時もあったし、大判になったときは買うのを止めました。(後にバック・ナンバーを取り寄せて全て揃えましたが・・・)

3号前から、表紙デザインが変わったり、先月号では、これまであまり取り上げてこなかった90年代以降のアーティスト(プライマル・スクリーム)を特集したりで、なにか水面下でもがいている感じも受け止められました。

一時休刊は残念ですが、他の多くの音楽雑誌が消えてしまった中、再び発行すると約束してくれたのはありがたい事です。

曲は、ザ・ドアーズで「Strange Days」です。



まぼろしの世界

まぼろしの世界

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: CD


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザ・キンクス、『Everybody’s In Show-Biz』がレガシー・エディションで再発

91WAOeSxUcL._SL1500_.jpg

ザ・キンクスが1972年に発表したアルバム『Everybody’s In Show-Biz(邦題:この世は全てショー・ビジネス)』が新たに2枚組のレガシー・エディションで再発。海外で6月3日、日本で6月8日に発売。日本盤は高品質Blu-spec CD2仕様。海外では3枚組のアナログ・レコード版も発売されます。リリース元はLegacy Recordings/ソニーミュージック。

今回のレガシー・エディションでは、リマスタリングが施されたオリジナル・ディスクに、14曲の未発表音源を含む計17曲を収めたボーナス・ディスクを付属。

ボーナス・ディスクには、次回作『Preservation Act 1』の伏線となった未発表曲「History」のほか、「Supersonic Rocket Ship」と「Unreal Reality」の別ヴァージョン、そして1972年3月2、3日に行われたカーネギー・ホール公演のライヴ音源などを収めます。

●『Everybody's In Show-Biz (Legacy Edition)』

[CD1]
1. Here Comes Yet Another Day
2. Maximum Consumption
3. Unreal Reality
4. Hot Potatoes
5. Sitting In My Hotel
6. Motorway
7. You Don’t Know My Name
8. Supersonic Rocket Ship
9. Look a Little On The Sunny Side
10. Celluloid Heroes
11. Top Of The Pops (Live)
12. Brainwashed (Live)
13. Mr. Wonderful (Live)
14. Acute Schizophrenia Paranoia Blues (Live)
15. Holiday (Live)
16. Muswell Hillbilly (Live)
17. Alcohol (Live)
18. Banana Boat Song (Live)
19. Skin And Bone (Live)
20. Baby Face (Live)
21. Lola (Live)

※Tracks 1-10 Recorded March-October 1972 At Morgan Studios, Willesden, London
※Tracks 11-21 Recorded March 3, 1972 At Carnegie Hall, New York, New York

[CD2]
1. ‘Til the End Of The Day (Live)
2. You’re Looking Fine (Live) (Previously Unreleased Commercially)
3. Get Back In Line (Live) *
4. Have A Cuppa Tea (Live) *
5. Sunny Afternoon (Live) *
6. Muswell Hillbilly (Live) *
7. Brainwashed (Live) *
8. Acute Schizophrenia Paranoia Blues (Live) *
9. Holiday (Live) *
10. Alcohol (Live) *
11. Complicated Life (Live) *
12. She’s Bought A Hat Like Princess Marina (Live)
13. Long Tall Shorty (Live) *
14. History (studio outtake)*
15. Supersonic Rocket Ship (Alternate Mix) *
16. Unreal Reality (Alternate Mix) *
17. Sophisticated Lady (Early Rehearsal Version Of "Money Talks") *

*未発表音源

※Tracks 1-13 Recorded March 2-3, 1972 At Carnegie Hall, New York, New York
※Tracks 14-17 Recorded At Morgan Studios, Willesden, London

以上、amassより引用

amass


今回の『Everybody's In Show-Biz』レガシー・エディションの発売は、昨年の暮れにザ・キンクスのRCA/アリスタ期カタログの発売権利がソニー・ミュージックへ移ったことを受けての事だと思われます。ユニバーサルの時の様に紙ジャケットで発売してくれれば尚嬉しいのですが・・・

それでは、アルバムの中から私が好きな「Sitting In My Hotel」という曲を聴いて下さい。なにか胸にこみ上げてくるものが・・・胸焼けじゃないよ(笑)



更に、RCA期の代表曲「Celluloid Heroes」のライブも観てみましょう。



この世はすべてショービジネス レガシー・エディション(発売予定)

この世はすべてショービジネス レガシー・エディション(発売予定)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/06/08
  • メディア: CD

Everybody's In Show-Biz (Legacy Edition)

Everybody's In Show-Biz (Legacy Edition)

  • アーティスト: The Kinks
  • 出版社/メーカー: Sony Music Cmg
  • 発売日: 2016/06/03
  • メディア: CD

Everybody's In Show-Biz (Legacy Edition) [12 inch Analog]

Everybody's In Show-Biz (Legacy Edition) [12 inch Analog]

  • アーティスト: The Kinks
  • 出版社/メーカー: Sony Music Cmg
  • 発売日: 2016/06/03
  • メディア: LP Record


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジ・エナミーが解散

ジ・エナミーが解散を発表し、その原因として「メデイア、ラジオ、そして健康問題」を挙げている。

ジ・エネミーは、2007年発表のデビュー・アルバム『ウィル・リヴ・アンド・ダイ・イン・ジーズ・タウンズ』が全英チャートで1位を獲得して世に知られる前は、オアシスザ・フラテリスカサビアンザ・パディントンズアッシュマニック・ストリート・プリーチャーズステレオフォニックスの前座を務めていた。

これまで4枚のアルバムをリリースしており、2015年の『イッツ・オートマティック』がバンドの最後のアルバムとなっている。ジ・エネミーは、根強いファンの支持があるにもかかわらず、メディアでの人気が落ちていることに悩まされていたことを明かしている。

ジ・エナミーのフェイスブックでトム・クラークは声明を発表している。全文訳は以下の通り。

「とても心が沈んだ気持ちでこれを書いています。10年前の2006年、親友2人と僕はリハーサル・ルームに入り、ジ・エナミーが誕生しました。10年間で4枚のアルバムを作り、世界中でツアーを成功させました。たくさんの理由により、2016年に発表するツアーの日程が、少なくとも予測できるほど近い将来としては、ジ・エナミーとしてステージに立つ最後の時になります。

この10年間でいろんなことがありました。ラジオは変わりました。この頃は間違いなくバンドがかかる場が減っています。かつては6枚目のアルバムで大ブレイクできたバンドがいても、今となってはラジオやメディアは3枚目で飽きてしまって、ほとんど取り上げなくなってしまいました。僕たちの最後のアルバムは、僕にとっては一番文句のつけようがないもので、本当に僕らの最高傑作でした。でも、ラジオやメディアは、このアルバムを取り上げる場所を見つけてはくれませんでした。熱心で忠実な観客の揺るぎないチケットの高い売り上げがあったにもかかわらず。悲しいことに、アルバムの資金を調達して発売するのは、ラジオによるサポートと露出なしではできないことなのです。このことに苛立ちと同じくらい悲しみを感じています。これが一番の理由ではありますが、これだけではないということも言っておかなければなりません。僕自身の健康問題と、僕らのうちの一人が父親になるということも理由となっています。

10年間、4枚のアルバム、100万枚を超えるレコードの売り上げ、そして数え切れないほどのソールド・アウトとなったツアー、こういったことは、オルタナティヴ・インディ・バンドにとっては決してみすぼらしいものではないのかもしれません。でも、僕としてはこうした数字が自分を誇らしく思わせてくれるわけではないのです。僕が誇りに思えるのはファンです。ファンがこのバンドを走らせ、この10年の長い旅に情熱を与えてくれました。ずっとみんなを愛してきたし、これからもそれは変わりません。僕が何もないかもしれないと思った時に、頑張らせてくれたのはみんなでした。ジ・エナミーのファンのみんな、みんなのことが大好きです。

これからのツアーで僕たちが最後の数回のステージに立っている間、僕らやバンドやファンを形作ってくれたこの10年間の束の間の最後の瞬間を大切にしようと思っています。僕らは、自分たちが何を共有できるか、分かっています。ライヴに来て、ハートを持ってきて、肺を持ってきて、僕らの曲と共に去ろう。その曲を街に流して、生活に溶け込ませて、僕らのために永遠に生き続けさせてほしい。

6日間の日程はすぐに発表になります。ライヴで会おう。

トム

以上、NME JAPANより引用

NME JAPAN


ジ・エナミーは以前このブログでも紹介しております。アルバムを購入したことがないので、どうこう言えた筋合いではないのですが、結構ショックです。解散の理由にラジオやメディアがバンド(ロック・バンド)を取り上げなくなってきていると言う、既に誰もが知っている事実を改めて認識させられる事になったからです。ああ、私の大好きな音楽達は何処へ行ってしまうのか・・・寂しい気持ちで一杯になりますね。

前回も貼りましたが、モッズ達の登場するこのビデオが好きなので、「Sing When You're In Love」を改めて観てみましょう・・・



ミュージック・フォー・ザ・ピープル

ミュージック・フォー・ザ・ピープル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽