So-net無料ブログ作成

シャルル・アズナヴールが死去

Charles-Aznavour.jpg

フランスのポップ/シャンソン界のレジェンドで、日本でも今年、春の叙勲で旭日小綬章を受章するなど世界的に人気を博したシンガー、シャルル・アズナヴールが10月1日、94歳で亡くなった。南仏にある自宅で息を引き取ったという。

アルメニア系移民の子供としてパリに誕生したアズナヴールは、幼いころから舞台に立ち、エディッド・ピアフからのアドバイス/支援を受け、その才能をさらに伸ばし、人気に火がついた。"フランスのフランク・シナトラ"と表された歌声に加え、ラブ・ソングのみならず、貧困、同性愛などかつてはタブー視されがちだったテーマを歌詞に織り込んだことでも高い評価を得た。

1,200曲以上をレコーディングしたほか、俳優としても活躍し、60本以上の映画に出演。1996年に米ソングライターの殿堂入りを果たし、2017年にハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムに星が設置されたほか、数多くのアワードを受賞。多くの慈善活動に関与し、アルメニアのスイス大使に任命されたこともある。

帰り来ぬ青春」「ラ・ボエーム」など数多くのヒット曲があるが、とくに「She(忘れじの面影)」(1974年)はエルヴィス・コステロがカバーし、映画『ノッティングヒルの恋人』(1999年)で使用され、リバイバル・ヒットした。

生涯現役を貫き、先月、日本公演を開催したばかり。11月にはフランス/スイスで7日間のツアーを行なう予定だった。

合掌。

Ako Suzuki

以上、BARKSより引用

BARKS


私がシャルル・アズナヴールで知っている事と言えば、『機動戦士ガンダム』のキャラクター、シャー・アズナブルの名前の由来になった事と、映画『ノッティングヒルの恋人』で「She(忘れじの面影)」が使用されて、非常にインパクトある歌声だな~と思ったと言う事位ですね。
正確には、BS-TBSの『SONG TO SOUL ~永遠の一曲~#51 She/エルヴィス・コステロの回で、アズナヴール本人のインタビューやバイオグラフィーの紹介を観ていますが・・・

そういう訳で、シャルル・アズナヴールの曲で私が知っている数少ないナンバー、「She(忘れじの面影)」を聴いてみましょう。



グレイテスト・ヒッツ~アズナヴール・シングス・イン・イングリッシュ

グレイテスト・ヒッツ~アズナヴール・シングス・イン・イングリッシュ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: CD


比較として、エルヴィス・コステロによるカバー・バージョンもどうぞ・・・



ノッティングヒルの恋人 ― オリジナル・サウンドトラック

ノッティングヒルの恋人 ― オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: トレヴァー・ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2002/05/02
  • メディア: CD


nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 19

コメント 2

don

そうか!
コステロのsheは、シャアの歌だったのか!
知らなかったです。
by don (2018-10-03 22:10) 

Speakeasy

donさん、おはようございます。

そうです!コステロの「She」はシャアの歌です・・・って、何か違う様な・・・(笑)

シャアの歌と言えば、こんな曲ありましたね↓
劇中でかかった時は、あまりの格好悪さに椅子から転げ落ちそうになりました・・・(笑)

https://youtu.be/PdRF5BTa7GY

by Speakeasy (2018-10-04 06:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。