So-net無料ブログ作成

ディック・デイルが死去

17-Dick-Dale.w1200.h1200.jpg

サーフ・インストの創始者であり、キング・オブ・ザ・サーフ・ギターとも称されるディック・デイルが死去。訃報は米ウェストコーストの音楽サイトCalifornia Rockerによって最初に報告され、その後、英国の新聞The Guardianが3月16日の夜に亡くなったことを確認しています。81歳でした。California Rockerは、デイルは長年にわたって健康問題に苦しんでいたと伝えています。

ディック・デイルは、米マサチューセッツ州ボストン生まれ。父はレバノン人、母はポーランド人。1954年頃にボストンから、カリフォルニア州に移住。1958年にシングル「Ooh-Whee-Marie」でデビューし、1962年にはファースト・アルバムを発表。1962年のシングル「Misirlou」がヒット。1987年にはスティーヴィー・レイ・ヴォーンと「Pipeline」を発表。1994年にはクエンティン・タランティーノ監督の映画『パルプ・フィクション』で「Misirlou」が使用され、再度注目される。

以上、amassより引用

amass

今日は、ディック・デイルの他にも、内田裕也さんや、「オリンピックおじさん」こと山田直稔さんの訃報が伝えられました。皆様のご冥福をお祈りします。

ディック・デイルは、ベスト盤のCDを1枚持っているだけですが、好きなアーティストである事には違いありません。
例に漏れず、私も映画『パルプ・フィクション』で彼を知ったのだと思います。では、『パルプ・フィクション』で使用され再び脚光を浴びた、1962年発表の定番中の定番曲「Misirlou」を聴いて、彼を追悼しましょう・・・



ベスト・オブ・ディック・デイル&デル・トーンズ

ベスト・オブ・ディック・デイル&デル・トーンズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: イーストウエスト・ジャパン
  • 発売日: 1995/09/25
  • メディア: CD


nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 2

へどろん

いやぁ、ロックバカの俺には裕也さんの訃報はなんともショックな出来事でした…もっともっと強烈な臭みを放ち続けて欲しかったものです…ロックは音楽ジャンルの一つじゃなくて、生き様なんだ!って感じで…R.I.P.
by へどろん (2019-03-19 21:27) 

Speakeasy

へどろんさん、こんばんは。

ちょっと前に(確か、放送時には既に亡くなっていた)樹木希林さんがナレーションを務めた裕也さんのドキュメンタリーを拝見しました。最近の裕也さんは声が出し辛くなっており、自分で自分に苛立っている風でした・・・私は裕也さん関連の音楽を(フラワー・トラベリン・バンドを含めて)あまり聞いたことが無いのですが、非常に濃い人生を過ごしてきた人だなと思いました。私からは月並みな言葉しか出てきませんが、裕也さんは月並みが似合わない人でした・・・

by Speakeasy (2019-03-20 00:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。