So-net無料ブログ作成

ジョン・レノン『Imagine』ボックスセット&映像作品が同時発売!

89749.jpg

想像してごらん・・・沢山のお金が必要になるところを・・・

とか、皮肉の一つも言いたくなるボックスセット等のリリースラッシュ!

欲しいですけどね~5.1チャンネルとか、4チャンネルのミックスが聴いてみたい。

という事で、以下amassより引用


ジョン・レノンImagine』の全てがわかるボックス・セット『Imagine : The Ultimate Collection』が海外、日本で10月5日発売。ジョン&ヨーコが製作した2本の映像作品も同時発売されます。

またリリース発表にあわせ、「Imagine (original demo)」と、「Imagine / Gimme Some Truth」トレーラー映像も公開されています。

Imagine (original demo)



Imagine / Gimme Some Truth - trailer for 2018 BluRay/DVD release



以下インフォメーションより

140曲にも及ぶリミックス、リマスター、ライヴ、アウトテイク等を収録した4CD+2ブルーレイ入りボックス・セットを含む、『イマジン:アルティメイト・コレクション』は、『イマジン』がいかにして作られたかを体験できる内容。

2本の映像作品は『イマジン』と『ギミ・サム・トゥルース』はオリジナルのネガを1コマずつ手作業で修復し、HDでリマスター。
イマジン』は今回初のDVD、ブルーレイでの発売、『ギミ・サム・トゥルース』も初のブルーレイで発売。

10月9日にはヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスより、世界初公開の写真資料が満載!の書籍『イマジン ジョン&ヨーコ』が全世界同時発売!

発売日:10月5日

“『イマジン』は世界中の子どもたちへの溢れるほどの愛と心遣いをもってつくられたアルバムです。皆さん、楽しんでいただけると嬉しいです”

ボックス・セットに収録されている120ページのブックレットの序文でヨーコ・オノ・レノンはそう綴っている。

この140曲に亘る歴史的なリミックスおよびリマスター・コレクションは、すべてヨーコ・オノ・レノンからのクリエイティヴ・ディレクション、および全体監修のもとに制作。CD4枚とブルーレイ・ディスク2枚に及ぶこのコレクションは、様々なリスニング体験を可能にする。

このアイコン的なアルバムに含まれる時代を超越した楽曲に対して全く新たな音的深みを与えるミックスから、レノンプラスティック・オノ・バンドのオリジナルの飾り気のない演奏が聴けるライヴ・スタジオ・ミックス、限界を広げた5.1サラウンド・サウンドのミックス、そして約50年ぶりに蘇ったオリジナルの4チャンネルのスピーカー用のミックスのリマスター。

この究極のディープなリスニング体験には、未発表のデモ・ヴァージョン、レアなアウトテイク、隔離されたトラック・エレメント、そしてユニークな各々の楽曲の音声解説である“エヴォリューション・ドキュメンタリー”ではそれぞれの曲がデモ・テープの段階からマスター・レコーディングとして仕上がるまでの過程を、楽曲への指示、リハーサル、レコーディング、マルチトラックでのミキシング作業、そしてスタジオでの話し合い時の音声で再現。

オリジナルの『イマジン』アルバムは、ヨーコ・オノ・レノンの監修の下、アビイ・ロード・スタジオで前述のポール・ヒックスにより忠実にリミックスされた。

ヒックスはこの作業のためにHDの24-bit/96kHzを使用して、アルバムのオリジナルの第一世代マルチトラック・レコーディング・テープのオーディオ・トランスファーを行なった。そして、その結果、楽器とヴォーカルの両方が今までよりも格段にクリアに聴こえるようになった。

特にブルーレイ・ディスク1のサラウンド・サウンドのミックスではそれが顕著だ。スーパー・デラックス版に付属するブックレットでヒックスもこう記している。

ヨーコは、このアルティメット・ミックスでは、3つのことを達成したいと熱心に語っていた。オリジナルに忠実で、オリジナル音源に敬意を表したものであること、全体的にクリアな音にすること、そして、ジョンのヴォーカルをより明瞭に聴かせること。‘ジョンが肝心だから’と彼女は言っていた。そして彼女は正しかった。彼の声こそ、このアルバムに感情的なインパクトを与える最も大きな要素だった。”

加えてヒックスは、オリジナルのスペクターレノンオノの手による『イマジン』の4チャンネル・ステレオ用のミックスのリマスターも行なった。オリジナルがリリースされて以来、この4チャンネル用のミックスに手が加えられたのは初めてのこととなる。

イマジン:アルティメット・コレクション』は、クリエイティヴな才能の頂点を極めていたアーティストの作業を完璧に網羅した、究極のディープ・リスニング体験へと誘うコレクションである。

【音源/商品フォーマット】

■『イマジン:アルティメイト・コレクション
スーパー・デラックス・エディション<4CD + 2ブルーレイ収録、豪華本付ボックス・セット輸入国内盤仕様/完全生産盤> 

89749a.png

UICY-78855
CD1 - アルバム - アルティメイト・ミックス ディスク1
CD2 - アルティメイト・ミックス ディスク2
CD3 - ロウ・スタジオ・ミックス
CD4 - エヴォリューション・ドキュメンタリー
ブルーレイ1 - イマジン: アルティメイト・ミックス
ブルーレイ2 - イン・ザ・スタジオ・アンド・ディーパー・リスニング
<日本盤のみ>
SHM-CD仕様
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

■2CDデラックス・エディション

89749b.png

UICY-15758/9
CD1 - リミックス・アルバム+シングルズ&エクストラズ
CD2 - エレメンツ・ミックス+アウトテイクス
<日本盤のみ>
SHM-CD仕様
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

■1CD

89749c.png

UICY-15760
CD1 - リミックス・アルバム+シングルズ&エクストラズ
<日本盤のみ>
SHM-CD仕様
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

■2LP<輸入国内盤仕様/完全生産盤>

89749d.png

UIJY-75091/2
LP1 - リミックス・アルバム
LP2 - アウトテイクス
<日本盤のみ>
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

■2LPクリア・ヴィニール<UNIVERSAL MUSIC STORE限定/輸入国内盤仕様/完全生産盤> 
PDJT-1015/6

89749e.png

LP1 - リミックス・アルバム
LP2 - アウトテイクス
<日本盤のみ>
英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付


【映像/商品フォーマット】

■『イマジン/ギミ・サム・トゥルース』 ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

2本ともオリジナルのネガを1コマずつ手作業で修復し、HDでリマスター。未発表映像も収録。それぞれのサウンドトラックも、5.1サラウンド・サウンドでリミックス&リマスター。

●映像作品『イマジン』は、色、音、夢、そして現実が映画的にコラージュされた、1971年にジョンヨーコが監督、制作した作品。アルバム収録の楽曲に対してそれぞれ独自の映像処理がなされている初の“ヴィデオ・アルバム”としても有名な作品。
●『ギミ・サム・トゥルース~メイキング・オブ・ジョン・レノンズ“イマジン”アルバム』はグラミー賞を受賞した画期的な映像作品で、『イマジン』アルバムがいかにして作られたのかを知ることのできる内容。楽曲の生まれる瞬間から最終的なレコーディングまでのプロセスをカメラが捉えていて、まさにロック時代を象徴する重要なアルバムがいかにして誕生したのかをこっそりと覗き見ることのできる素晴らしいドキュメンタリー作品。

DVD

89749f.png

UIBY-15092 
<日本盤のみ>
日本語字幕付/英文ライナー翻訳付

ブルーレイ 

89749g.png

UIXY-15020
<日本盤のみ>
日本語字幕付/英文ライナー翻訳付

【書籍/商品情報】

■『イマジン ジョン&ヨーコ

世界初公開の写真資料が満載! はじめて明らかになる奇跡の9日間
イマジン』はいかに作られたのか? 制作現場、アートワーク、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー、そして関わった人々をめぐるインサイド・ストーリーの決定版!

著:ジョン・レノンオノ・ヨーコ
日本版監修:松村雄策
翻訳:川岸 史岩井木綿子

2018年10月9日全世界同時発売!
320ページ、大型本、ハードカバー
定価:5,800円(税別)
商品番号:GTB01090097

<プレス・リリース>

2018年8月、ロンドン発―
10月5日、ユニバーサル・ミュージックは、ジョン・レノンのソロ・キャリアの頂点を6枚組のボックス・セットである『イマジン:アルティメット・コレクション』の発売によって祝福する。この140曲に亘る歴史的なリミックスおよびリマスター・コレクションは、すべてヨーコ・オノ・レノンからのクリエイティヴ・ディレクション、および全体監修のもとに制作された。CD4枚とブルーレイ・ディスク2枚に及ぶこのコレクションは、様々なリスニング体験を可能にするものだ。このアイコン的なアルバムに含まれる時代を超越した楽曲に対して全く新たな音的深みを与えるミックスから、レノンプラスティック・オノ・バンドのオリジナルの飾り気のない演奏が聴けるライヴ・スタジオ・ミックス、限界を広げた5.1サラウンド・サウンドのミックス、そして約50年ぶりに蘇ったオリジナルの4チャンネルのスピーカー用のミックスのリマスター。この究極のディープなリスニング体験には、未発表のデモ・ヴァージョン、レアなアウトテイク、隔離されたトラック・エレメント、そしてユニークな各々の楽曲の音声解説である“エヴォリューション・ドキュメンタリー”ではそれぞれの曲がデモ・テープの段階からマスター・レコーディングとして仕上がるまでの過程を、楽曲への指示、リハーサル、レコーディング、マルチトラックでのミキシング作業、そしてスタジオでの話し合い時の音声で再現。『イマジン:アルティメット・コレクション』は、クリエイティヴな才能の頂点を極めていたアーティストの作業を完璧に網羅した、究極のディープ・リスニング体験へと誘うコレクションである。

この『イマジン』は、いくつかの異なる形態でのリリースが予定されている。2枚組CDのデラックス・エディション、1CDのリマスター盤、そして180gの重量盤ブラック・ヴィニールの2LPエディションと、UNIVERAL MUSIC STORE限定の180gのクリア・ヴィニール盤2LP。デジタルの『アルティメイト・コレクション』 では、4枚組 CDのオーディオをすべて網羅したものに加えて、デラックスおよび通常のCDのデジタル版もダウンロード購入可能。

“『イマジン』は世界中の子どもたちへの溢れるほどの愛と心遣いをもってつくられたアルバムです。皆さん、楽しんでいただけると嬉しいです”とボックス・セットに付属する120ページのブックレットの序文でヨーコ・オノ・レノンはそう綴っている。

オリジナルのテープの入った箱を延々と探索した結果、エンジニアのロブ・スティーヴンスは、これほどの間ずっと気づかれずに眠っていた本当に素晴らしい素材を発見するに至った。「2016年初め、このプロジェクトがまだ企画段階の頃、私はLenonoの保存庫で、ラベルがなく内容のはっきりしないテープや、ラベル違いのもの、また、ラベルが読めないテープなどを整理していました」とスティーヴンス、その中に1インチの8トラックの“DEMO”と書かれたテープがあり、他にはアスコット・サウンドのラベルと、ジョン・レノンの名前、日時、そしてエンジニアの名前(フィル・マクドナルド)だけが記載されていました。このテープにどのような素材が録音されているかは、まったく記載がありませんでした。のちに注意深くデジタル変換してみると、なんと「イマジン」のデモ・テープでした。これをポール・ヒックスが見事に音質を向上させて、この完全版とも言えるボックス・セットに収録されることになりました。本当に偶然の巡り合わせです」

この完全未発表のオリジナル・デモは、レノンがピアノに向かって、彼の、最も有名な曲「イマジン」をしみじみと歌い上げる、自宅でのレコーディングの模様を収録したもので、本日よりこの『イマジン:アルティメット・コレクション』の世界的な発表を記念して、デジタル・アルバムの先行予約者は特別に無料でのダウンロードが可能になる。是非今、アルバムを先行予約して、「イマジン」のオリジナル・デモを手に入れて欲しい。
先行予約はこちら: http://imaginejohnyoko.com

また、10月5日にイーグル・ヴィジョンは、ジョン&ヨーコの製作した2本の映像作品『イマジン』と『ギミ・サム・トゥルース〜メイキング・オブ・ジョン・レノンズ“イマジン”アルバム』をDVD、ブルーレイ、そしてデジタル版でリリースする。どちらの作品もオリジナルの作品のリールを手作業で修復し、HDでリマスターしたものとなる。音声はグラミー賞を3度受賞しているエンジニアのポール・ヒックスがサラウンド・サウンドにリミックス。どちらの商品にも、ライヴ・スタジオ音源を含む未発表素材が含まれており、デヴィッド・ベイリーの写真撮影セッションの裏側を垣間みることも可能だ。これらすべての商品の先行予約も、 http://imaginejohnyoko.comで行なえる。
また、独占で、ドルビーアトモスでこの作品を体感できる『イマジン』の限定的な劇場公開も予定されている、劇場公開版限定の未発表映像も用意されている。

1971年、ジョン・レノンヨーコ・オノは、彼らの自宅のあったイギリスのバークシャー州にあるティッテンハースト・パークのジョージ王朝時代のカントリー・ハウスの庭に自分たちが作った最先端のスタジオ、そしてニューヨークのレコード・プラントにて、有名なアルバム『イマジン』のレコーディングを行なった。タイトル・トラックの、普遍的に人々を惹きつける歌詞は、オノ・レノンが1964年に発売した『グレープフルーツ』という本の“イベント・スコア(行動指示)”にインスピレーションを得て書かれたもので、2017年6月にヨーコはこの曲の共作者として、正式に認められた。発売されたこの『イマジン』アルバムは、日本、オーストラリア、オランダ、ノルウェイ、イギリス、そしてアメリカで、チャートの1位を獲得した。

レノンのソロ・シングルとしては、最も多い売り上げを記録したこのタイトル・トラックは、世界平和を望んで書かれたことで有名だ。この曲は現在でも最も伝説的な曲の一つとして有名で、様々な栄誉に輝いている。BMI(ブロードキャスト・ミュージック)は、この曲を20世紀で最も演奏された100曲に選定し、レコーディング・アカデミーは、グラミー賞の殿堂入りに指定、そしてロックンロールの殿堂は、ロックンロールを形作った500 曲に指定した。加えて、ギネス世界記録は、英国でのヒット・シングルのカテゴリーで、今までのヒット・シングルの通算2位に選出、そして『ローリング・ストーン』誌は、最も偉大な500曲の3位に選出した。この曲はスティーヴィー・ワンダーエルトン・ジョンレイ・チャールズマドンナウィリー・ネルソンニール・ヤングダイアナ・ロスハービー・ハンコック、そしてジョーン・バエズなどにカヴァーされている。

オリジナルの『イマジン』アルバムは、ヨーコ・オノ・レノンの監修の下、アビイ・ロード・スタジオで前述のポール・ヒックスにより忠実にリミックスされた。ヒックスはこの作業のためにHDの24-bit/96kHzを使用して、アルバムのオリジナルの第一世代マルチトラック・レコーディング・テープのオーディオ・トランスファーを行なった。そして、その結果、楽器とヴォーカルの両方が今までよりも格段にクリアに聴こえるようになった。特にブルーレイ・ディスク1のサラウンド・サウンドのミックスではそれが顕著だ。スーパー・デラックス版に付属する小冊子でヒックスもこう記している。“ヨーコは、このアルティメット・ミックスでは、3つのことを達成したいと熱心に語っていた。オリジナルに忠実で、オリジナル音源に敬意を表したものであること、全体的にクリアな音にすること、そして、ジョンのヴォーカルをより明瞭に聴かせること。‘ジョンが肝心だから’と彼女は言っていた。そして彼女は正しかった。彼の声こそ、このアルバムに感情的なインパクトを与える最も大きな要素だった。”

加えてヒックスは、オリジナルのスペクターレノンオノの手による『イマジン』の4チャンネル・ステレオ用のミックスのリマスターも行なった。オリジナルがリリースされて以来、この4チャンネル用のミックスに手が加えられたのは初めてのことだ。

ディスク1は、『イマジン』アルバムのステレオ・ヴァージョンに加えて、政治的なスローガンを歌った「パワー・トゥ・ザ・ピープル」「ゴッド・セイヴ・アス」「ドゥ・ジ・オズ」そしてクリスマスの定番「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」などシングルやおまけが収録されている。ディスク2には主にアルバムとシングルのアウトテイクが収録され、「イマジン」や「ハウ?」のストリングスだけ、「オー・マイ・ラヴ」のヴォーカルのみ、そしてピアノ、ベース、ドラムなどの楽器のみで演奏された「ジェラス・ガイ」など、いわゆる“エレメント・ミックス”がディスク2の1/4ほどを占めている。このエレメント・ミックスは、オリジナルのマルチトラックのテープの基本の要素(エレメント)のいくつかから作られたもので、マスター・ミックスに使用するディテールなどをさらにクリアに聴かせるためにつくられた。これらは、以前はモノラルにまとめられたり、音に埋もれていたが、このような処理をすることにより、さらに音の幅が広がり、クリーンで、明るい音にすることが可能となった。

ディスク3のロウ・スタジオ・ミックス (ライヴのスタジオ・ミックス)については、エンジニアのロブ・スティーヴンスが指揮をとった。これらのミックスは、ティッテンハーストにあるジョンヨーコの自宅に作られたアスコット・サウンド・スタジオの真ん中で、ジョンプラスティック・オノ・バンドがそれぞれの曲をレコーディングしたときのままの、いわゆるライヴ音源である。これらのトラックには一切のエフェクト(リヴァーブ、テープ・ディレイなど)はかかっておらず、最終ヴァージョンからはかけ離れたものとなっている。ここでのハイライトには、『イマジン』の中でも象徴的な「兵隊にはなりたくない」、「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ(眠れるかい?)」そして「オー・ヨーコ」などが含まれる。ブルーレイのディスク2には、このライヴのスタジオ・ミックスが5.1サラウンド・サウンドで収められている。ここではリスナーはアスコット・サウンド・スタジオの真ん中に移動し、レノンが自分の正面にいて、バンドが自分の後ろを囲んでいるというこの上なくユニークなリスニング体験をすることができる。

次のディスク4では、“エヴォリューション・ドキュメンタリー(進化過程のドキュメンタリー)”が体験できる。これはエンジニアのサム・ガンノンがモノラルでまとめたものだ。このドキュメンタリーは、『イマジン』収録のそれぞれの曲にまつわるストーリーが語られている。それぞれの曲がデモからマスターへと独自に進化していく様子が、楽曲への指示、リハーサル、レコーディング、マルチトラックでのミキシング作業、そしてスタジオでの話し合い時の音声などで再構成されている。

1枚目のブルーレイ・ディスクのメインを飾るのは『イマジン』のアルバム本編と、シングルをヒックスがハイレゾ・サラウンド・サウンドでミックスしたもので、加えて、4チャンネル・ミックスのアップデート版とシングルとアウトテイクのハイレゾ・ステレオ・ミックスも収録されている。

2枚目のブルーレイ・ディスクには、“スタジオでディープなリスニング体験を”という副題がついており、CDのエクステンデッド・アルバム・ヴァージョン、アウトテイク、エレメント・ミックスのサラウンド・サウンドとステレオ・ミックスがフィーチャー・されている。またDJでレノン一家とも長年の友人であるエリオット・ミンツによる、ジョン&ヨーコの素顔が垣間見られる、哲学的でユーモラスで、正直なインタヴューがトリビュートとして29分ほど収録されている。

また、『イマジン』と『ギミ・サム・トゥルース〜メイキング・オブ・ジョン・レノンズ“イマジン”アルバム』のどちらもイーグル・ヴィジョンから再発売が予定されているが、これらもオリジナルのネガを1コマずつ手作業により洗浄、修復したものとなる。そしてそれぞれのサウンドトラックも、5.1サラウンド・サウンドでリミックス&リマスターされた。

イマジン』は、色、音、夢、そして現実が映画的にコラージュされた作品で、1971年にジョンヨーコが監督、制作した作品である。作品には、ジョージ・ハリスンフレッド・アステアアンディ・ウォーホルディック・キャヴェットジャック・パランスジョナス・メカスなど数々のゲスト・スターが登場し、イマジネーションの世界を音楽と映像で豊かに盛り上げている。

この映像作品の撮影は1971年夏、イギリスのアスコットにある、ジョンヨーコのティッテンハーストの自宅で、『イマジン』のレコーディングを開始するところから始まった。撮影は、フィル・スペクターとの共同プロデュースでアルバムを完成させた海の向こうのニューヨークのレコード・プラントまで続いた。

イマジン』は、初の“ヴィデオ・アルバム”として広く知られている。というのも、アルバム収録の楽曲に対してそれぞれ独自の映像処理がなされているからである。期間限定で劇場公開される『イマジン』では、新たな音響技術が導入されたドルビーアトモスの世界に思う存分に浸ることができる。また映像独自のアルバム・レコーディング時の未公開映像も用意されている。

ギミ・サム・トゥルース~メイキング・オブ・ジョン・レノンズ“イマジン”アルバム』はグラミー賞を受賞した画期的な映像作品で、『イマジン』アルバムがいかにして作られたのかを知ることのできる内容となっている。また、ジョンヨーコの間の驚くような、特別な瞬間なども収められていて、レノンの天才的なクリエイティヴィティを垣間見ることのできる作品となっている。楽曲の生まれる瞬間から最終的なレコーディングまでのプロセスをカメラが捉えていて、まさにロック時代を象徴する重要なアルバムがいかにして誕生したのかをこっそりと覗き見ることのできる素晴らしいドキュメンタリーに仕上がっている。

最後になったが、テームズ&ハドソン(イギリス)とグランド・セントラル・パブリッシング(アメリカ)は、『Imagine John Yoko by John Lennon & Yoko Ono』をレノンが(生きていれば)78歳のバースデーを迎える10月9日に発売する。ヨーコ・オノが個人的にまとめた本で、未発表素材が数多く使用されている。『Imagine John Yoko』は、伝説的なアルバムの制作にまつわる詳細や、その周辺の出来事、つまり、スタジオ環境、クリエイティヴ・チーム、アルバムのアートワーク、そして映像作品の話をジョンヨーコ、および当時関わっていた人々の証言で綴る究極のインサイド・ストーリーである。

ジョン・レノンは、今でも世界的に尊敬されているソングライターであり、パフォーマーである。レノンは、死後グラミー賞の功労賞を受賞し、その音楽業界に対する数多くの貢献により、BRIT特別賞を2つ受賞している。また、ロックンロールの殿堂、そしてソングライターの殿堂入りを果たしている。2008年には『ローリング・ストーン』誌が今までで最も偉大な100人のシンガーの5位に選出した。彼の発信したメッセージは、今でもアルバムが作られたときと変わらず普遍的で、核心に迫っている。『イマジン』は文化的な歴史の中でジョンヨーコの地位を確固たるものにしている。

https://www.universal-music.co.jp/john-lennon/news/2018-08-23-release/

引用ここまで

amass


音源、映像、書籍まで、このプロジェクトに死角はありません。
しかし、私には金がありません。

こんなに儲けて、ヨーコさんは何がしたいのでしょうか?
チャリティー活動の資金になるのでしょうか?
しかし、私には金がありません。

以下、ぼやきは続く・・・

・・・ぼやいて少し気持ちが収まったところで、「Give Me Some Truth」です。
この曲を聴くと、世の中に対する怒りがこみ上げてきます!って、全然気持ちが収まらないではないですか・・・(笑)



nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

アレサ・フランクリンが死去

img_1821.jpg

AP通信や英BBCによれば、“ソウルの女王”アレサ・フランクリンが8月16日、膵臓癌(すいぞうがん)のため米ミシガン州デトロイトの自宅で死去。76歳でした。これまでにも体調悪化が伝えられ、ここ数日の間は重篤状態であることが報じられていました。

家族は声明の中で「私たちの人生において最も暗い瞬間が訪れました。私たちは心の痛みを表現するのにふさわしい言葉を見つけることができません」とコメントしています。

家族はまた、彼女の死が神経内分泌型の進行性膵臓癌によるものであることも明らかにしています。

以上、amassより引用

amass


お恥ずかしながらアレサ・フランクリンのCDやらレーコード等のフィジカルに関しては、コンピレーションものでしか手元に存在しません。
要するに、彼女の歌声を余り聴かずにほぼ半世紀を生きてきてしまったのであります。勿体無い・・・

これで終わってしまうとあんまりなので、本日のインターFMは『Ready Steady George!!』でかかったアレサのカバー曲、ザ・マーヴェルズの「Rock Steady」が余りに恰好良かったので、便乗して貼ってしまいます(笑)



勿論、アレサのバージョンも素晴らしいです!



アレサ・フランクリンさん、ご冥福をお祈りいたします。

nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

キンクス、『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』の50周年記念盤を発売!

f633bad0-7c7f-0136-a0ae-4a23de910e4c.jpeg

再結成して新譜を発表するかも・・・と噂されるキンクスが『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』の発売50周年を記念して、スーパー・デラックス・ボックスを始めとする、数々の記念盤を発売します・・・先ほどキンクスのメーリングリスト?から知らせが届きましたので、ここにご報告します。

詳細は後日お知らせするかもしれませんし、しないかもしれません(笑)


追記:などと言っていたらamassに記事がアップされたので引用します。

50thアニヴァーサリー・エディションは、リマスター1CD版、ボーナス・ディスク付きの2CD版、リマスター・アナログレコード版、スーパーデラックス・ボックスセット版が用意されています。いずれも『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』はオリジナルマスターテープから新たにリマスタリングされています。

ボーナス・ディスク付きの2CD版は、『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』のステレオ版、モノ版のリマスター音源をそれぞれ収めた2枚組。各ディスクにはボーナストラックも追加され、シングル曲、B面曲、別ミックス、未発表曲「Time Song」ほかが収録されます。20ページのブックレット付き。

スーパーデラックス・ボックスセット版は、CD5枚、アナログレコード3枚、7インチ・シングルレコード3枚、本、ポスターなどで構成。

CD5枚は、アルバムのステレオ版とモノ版のリマスター音源にボーナス・トラックを追加した2枚のほか、別ヴァージョンや未発表音源などを収めた『Village Green Sessions』、BBCに残されたパフォーマンスやインタビュー音源を未発表なものを含めて収めた『Village Green At The BBC』、70年代のデモ音源やレイ・デイヴィスの2010年デンマーク公演のライヴ音源、未発表曲「Time Song」ほかを収録した『Preservation, Sessions, Live & Demos』の5枚。

アナログレコード3枚は、アルバムのステレオ版とモノ版のリマスター音源をそれぞれ収めた2枚による『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』(Gatefold 2LP)と、『The Kinks Are The Village Green Preservation Society』のオリジナル・スウェーデン・12曲入りヴァージョンのレコード。

7インチ・シングルレコード3枚は、「Days / She’s Got Everything」 (1968)、「Starstruck / Picture Book」 (1968)、「The Village Green Preservation Society / Do You Remember Walter?」 (1969)のピクチャー・スリーヴ・シングル3枚。

本は、新たに制作された52ページのハードカバー写真集で、バンド・インタビュー、ピート・タウンゼントや他のライターによるエッセイ、レアおよび初出の写真やイメージなどが掲載されています。

引用ここまで

amass

d14b8f60-7c7e-0136-a0ae-4a23de910e4c.jpeg

d14ad8f0-7c7e-0136-a0ae-4a23de910e4c.jpeg

1db41890-7eba-0136-56b1-4e8de31d9761.jpeg

注目は「Time Song」なるこれまで未発表であった曲の存在です!
早速、YouTubeにリリック・ビデオが公開されましたので聴いてみましょう・・・素朴ですがレイ・デイヴィスらしい美しいメロディを持つ可愛らしい曲ではないですか~私は気に入りました!(この頃は、未発表曲であっても素晴らしい曲が多いです。才能に溢れていた時期だったのですね!)



気になった方は↓こちらで記念盤をチェックしてみて下さい。

https://www.musicglue.com/the-kinks/village-green-50

更に追記:ボックスセットの開封動画が公開になったので、ご紹介します。



nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

チャーチズ、「Out Of My Head (feat. 水曜日のカンパネラ) 」

89193.jpg

グラスゴーのエレクトロ・ポップ・ユニット、チャーチズ水曜日のカンパネラをフィーチャーした新シングル「Out Of My Head (feat. 水曜日のカンパネラ) 」のミュージックビデオを公開。

この楽曲は5月にリリースされた新作『Love Is Dead』のレコーディングと同時期に制作され、チャーチズ水曜日のカンパネラにフィーチャリングのオファーをしたもの。チャーチズローレン・メイベリー水曜日のカンパネラコムアイはこの楽曲について以下のようにコメントしています。

「私たちチャーチズにとって日本は常に特別な場所であり続けていて、そんな日本のファンに向けてこの特別な楽曲を届けられることをとても嬉しく思います。コムアイさんは力強く個性的な声を持っていて、彼女の一個人としての立ち振る舞いを私はとても尊敬しています。そんな彼女が、楽曲のコラボレーションを引き受けてくれて大変光栄に思います。」(ローレン・メイベリー

チャーチズローレンから、強い気持ち、怒りをぶつけてくれ!と言われていたのですが、いま25歳で、周りの環境も整ってきて、怒りで泣きそうになることじたい、少なくなったなと思います。ただ、自由を手に入れたはずなのに、まだ世界を変えられない、人生に安心はできない、宙ぶらりんな自分とこの時代に、喝を入れたい気がして、書いてみました。川崎とグラスゴー、忌野清志郎デヴィッド・ボウイ、枝豆とフィッシュ&チップス。」(コムアイ

ミュージック・ビデオの監督は、アニメーション作家の山元隼一(ポプテピピック、ニンジャバットマン)を、アートディレクターは、今津良樹(Ringing City、モフモフィクション)が務めています。



以上、amassより引用

amass


因みに、水曜日のカンパネラコムアイさんのお父様、輿亮こしまこと)さんは、日本のアメリカンフットボール界では大変有名な人物です。

アメフトの指導者であり、NHK BSでは、NFLの解説をしておられます。ネット等で解説者の人気投票をすると大抵1位を取られる程の人気解説者であり、私もNHKの解説者の中では一番のお気に入りです。

という訳で、音楽と全く関係無い話でした・・・(笑)

最後に、チャーチズ水曜日のカンパネラがどういう経緯で知り合ったのか・・・私は知りたい!

nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。